相葉雅紀の熱愛彼女をフラッシュが報道!交際相手は一般人で画像も

アイドルグループ・嵐のメンバーである相葉雅紀(あいばまさき)さんの熱愛について、12月18日発売の週刊誌「FLASH」が報じています。

相葉雅紀 彼女 フラッシュ

画像参照:「FLASH」2017.12.18発売号

同誌のタイトルは、

嵐・相葉雅紀の帰宅をトイプードルと「部屋で待つ女」

となっているのですが、一体どのような内容となっているのでしょうか。

この記事では、フラッシュが報じた相葉雅紀さんの熱愛の概要について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

FLASHが報じた相葉雅紀の熱愛 2017年は既に交際から5年以上で彼女の写真画像も

それではまずは初めに、12月18日発売のフラッシュが報じた相葉雅紀さんの熱愛の概要をお伝えしたいと思います。

相葉雅紀 フラッシュ

画像引用:「FLASH」2017.12.18発売号

フラッシュが相葉さんの自宅マンションに通う女性がいるという情報をキャッチしたのは2017年の春だったそうですが、取材を進めると以下のような事が分かったと言います。

  • 12月に行われた嵐のヤフオクドームや東京ドームのコンサート、さらに「FNS歌謡祭」に生出演中の最中、相葉さんの自宅マンションの明かりはついたままだった。
  • 実はこのマンションでは、関西出身の女性・Aさんが相葉さんの帰りを待っていた。(2人の知人談)
  • 生まれ年は相葉さんと同じなものの、Aさんは早生まれで学年は1つ上。愛犬のトイプードルと一緒に、相葉さんのマンションを度々訪ねている。(前出の知人談)
  • Aさんは、つぶらな瞳が可愛らしいおっとり系の美人
  • Aさんらしき女性の姿は、相葉さんが以前に住んでいたマンション付近でも目撃されていて、二人の付き合いは5年以上になる。(芸能関係者談)
  • 3、4年前、行きつけの港区内の会員制居酒屋で、相葉さんとAさんは、友人を含めた数人で飲んでいた。相葉さんとAさんだけは並んで座って、他の友達とは違い親しげだった。(居合わせた客の証言)

相葉雅紀の彼女のトイプードル

画像引用:「FLASH」2017.12.18発売号

↑の写真は相葉さん宅の部屋の窓から顔を出すトイプードルだそうですが、この犬はAさんの30歳の誕生日に飼い始めた愛犬だとの事です。

さらにフラッシュでは、相葉さんが現在住んでいる自宅マンションについても詳しく記されていました。

  • 2013年の春に購入したファミリータイプの部屋で、約4億円という超高級物件。
  • 広さは200平米超で、間取りは4LDK。(前出の知人談)
  • リビング・ダイニングは30畳。(前出の知人談)
  • 24時間態勢でコンシェルジュが常駐していて、セキュリティーもバッチリ。(前出の知人談)
  • ペットも飼育可能で、最近では、相葉さんとAさんが会うのは専ら家の中。(前出の知人談)

フラッシュによると、相葉さんとAさんを引き合わせたのは、動物付きの縁だとの事です。

またAさんについて、フラッシュは以下のような姿を目撃したと言います。

  • わんぱくな犬に引っ張られて歩く姿を度々キャッチ。
  • Aさんは出かける時はいつも犬と一緒で、ある日はジムへ一緒に連れて行き、また別のある日は散歩のついでにスーパーへ買い物に。

フラッシュが報じた相葉雅紀の彼女

画像引用:「FLASH」2017.12.18発売号

さらに前出の知人の証言によると、相葉さんはAさんを両親に紹介済で、Aさんは動物好きな両親に歓迎されているそうです。

そして12月中旬、フラッシュは相葉さんの両親が営む千葉県内の中華料理店を訪ね取材。

店の女将でもある、相葉さんのお母さんが対応してくれたそうです。

(フラッシュ) Aさんをご存じですか?

(相葉さんのお母さん) 私からは何も言えないです。

(フラッシュ) 雅紀さんにAさんを紹介されたと聞いています。

(相葉さんのお母さん) 申し訳ないですけど、何も言えないんですよ。朝早くからいらしていたでしょう。寒いなか、ご苦労さまです。

引用:「FLASH」2017.12.18発売号

といったように、相葉さんのお母さんは息子を気遣い何も語らなかったものの、否定もしなかったとフラッシュは報じています。

さらに同誌は、関西に住むAさんのお父さんも取材。

(フラッシュ) 相葉さんがこちらに来たことは?

(Aさんのお父さん) ないない。会(お)うてないですねぇ。 

(フラッシュ) いつごろからおつき合いされている?

(Aさんのお父さん) 聞いてないですねえ。すんません。

(フラッシュ) 交際していることだけしか、聞いていないわけですね?

(Aさんのお父さん) はい、そうですね。

引用:「FLASH」2017.12.18発売号

以上が、「FLASH」で報じられていた相葉さんの熱愛報道の概要となっています。

今回の報道を総合的に見ると、相葉さんとAさんの具体的なツーショット写真はないものの、いくつかの目撃者の証言や、Aさんの連れたトイプードルが相葉さんの自宅の窓にも写っている事、また双方の親も交際を否定していない事など、お二人の交際を思わせる情報が多く掲載されていたのは事実のようですね。

スポンサーリンク

【追記】相葉雅紀の2017年の彼女は”元タレント”と、サイゾーウーマンが報じる

フラッシュによる相葉さんの熱愛報道に続いて、さらなる相葉さんの彼女に関する噂をニュースサイト「サイゾーウーマン」が伝えています。

その要点を以下に抜粋します。

「同誌(フラッシュ)が相葉の交際情報を得たのは、誌面では今年春となっていますが、少なくとも昨年冬、松本のスキャンダルが報じられた時期あたりから、相葉の熱愛に関する情報が一部芸能関係者の間で出回っていました。『相手はほぼ同い年』『もともと芸能活動を行っていた』という話に加え、プロフィールも記事内容とほぼ一致していることから、同一人物である可能性が高いです」(スポーツ紙デスク)

引用:サイゾーウーマン

相葉さんの彼女の情報について、サイゾーウーマンで報じられているのはここまでなのですが、フラッシュの情報と照らし合わせてみると、

  • 1982年の1月~3月生まれ(35歳?)。(生まれ年は相葉さんと同じで、学年が1つ上とのフラッシュの報道から。)
  • 関西出身
  • 元タレント(フラッシュでは顔が隠されて写真が掲載されている事から、現在は既に一般人の可能性が高そうです。)

といった女性であると推測されます。

サイゾーウーマンが報じた噂が100%事実とは断言出来ませんし、仮にそうであったとしても、ほとんど知名度のない地方のタレントさんだったりすると、その正体を特定するのは困難かも知れません。

といったように、噂の域を出ない話だとは思いますが、相葉さんの彼女の情報については上記のような事も囁かれているようです。

さらにサイゾーウーマンでは、相葉さんと彼女の「結婚」についても言及しています。

相葉が過去に交際していた水川あさみとは、10~11年頃に破局したとされるが、その後はずっと、この女性との真剣愛を貫いてきた模様。

さらに気になるのが、女性との“結婚”を、すでにジャニーズ事務所は承諾している、とマスコミ関係者の間で話題になっているのだ。

引用:サイゾーウーマン

詳しい内容は、上記の引用元記事をご参照ください。

将来どうなっていくかは分りませんが、こうした報道からも、お二人の関係は今後もメディア関係者などから注目される事になりそうですね。

熱愛相手は有村架純(ありむらかすみ)という噂が流れるが、デマだった

ちなみに相葉雅紀さんは、最近では有村架純(ありむらかすみ)さんとの熱愛の噂も浮上していて、今回の熱愛報道の第一報を受けて、ネット上ではお相手は有村さんか?という憶測も流れていたようです。

お二人は2015年の4月から放送されていたドラマ「ようこそ、わが家へ」で共演していて、さらに2016年には紅白司会者としても再共演していました。

また、有村さんが「嵐にしやがれ」に出演した際には、嵐のメンバー1人1人と仮想デートをしていたようです。

相葉雅紀と有村架純に熱愛疑惑

画像引用:http://kyun2-girls.com/

こうした度重なる共演によって、お二人の熱愛の噂が浮上したのではないかと思われますが、具体的に2ショットなどが週刊誌で報じられた訳ではありませんでした。

そして今回、フラッシュで報じられた相葉さんの彼女は5年以上の付き合いとの事ですので、この報道が事実なら、相葉さんと有村さんの噂はガセだった事になりそうです。

相葉雅紀(あいばまさき)のプロフィール

相葉雅紀

画像引用:http://sindowjin.com/

相葉 雅紀(あいば まさき)

生年月日    1982年12月24日(34歳)

出身地     千葉県千葉市

血液型     AB型

身長      175㎝

職業      歌手、俳優、タレント、司会者

グループ    嵐

事務所     ジャニーズ

参照:wikipedia

スポンサーリンク

終わりに

という事で、12月18日発売の週刊誌「FLASH」で報じられた、相葉雅紀さんの熱愛の概要についてお伝えさせて頂きました。

現時点では、相葉さんや所属事務所のコメントなどは出ていないようですが、フラッシュの報道はかなり具体的ですので、今後どのような対応を取られるのでしょうか…。

今回の報道を受け、ネット上ではさまざまな感想が飛び交っているようですが、何よりも、相葉雅紀さんの今後も変わらないご活躍を願っています。