BIGBANGの観客動員数日本1位は何故?人気の実態やその理由を調査

BIGBANGの観客動員数日本1位は何故?人気の実態やその理由を調査

最近は沢山の韓国アーティストが世界や日本でも活躍されてますが、その中でも今年デビュー10周年を迎えたBIGBANGが2年連続で日本のコンサート観客動員力ランキング1位を獲得したそうです。

BIGBANG

海外部門1位なら分かりますが、なみいる日本の人気アーティスト達を抑えての1位獲得という事ですから、一体何がそれだけ日本のファンや視聴者に受けているのか、K-POPに全く詳しくない筆者でも気になりましたのでリサーチしてみました!

スポンサーリンク
アドセンス 広告

BIGBANGの人気をデータで分析 日本でのCD売上数やコンサート動員数など

ではまずは実際にBIGBANGがどれくらい日本で人気があるのか、一番分かりやすいCDセールスやコンサート動員数などの”数字上”から見てみたいと思います。

まずCDの売上ですがBIGBANGは今年の2月に日本で通産5枚目のフルアルバムとなる『MADE SERIES』をリリースし、見事オリコンチャート1位を獲得するなど人気の高さを示しました。

売上枚数は2016年上半期アルバム売上ランキング第10位となる約19.5万枚との事ですが、音楽ソフト(シングル、アルバム、DVD、Blu-rayなど)として考えてみると同時期での総売上高は23.7億円にものぼるようです!

そしてコンサートなどの動員人数は今年だけでBIGBANGは60回の公演を行い計185万9000人を集めています。

また幾つかの情報によると現在BIGBANGのチケットの大体の値段は8000円ほどと考えられるそうなので、単純計算でも150億円近くの売上を叩き出している事になります!

いろんな賛否両論はどんな有名人にもあるものですし、勿論BIGBANGにもありますが、それでもこれだけの売上を記録しているのはその人気の高さを端的に示しているのではないかと思いますネ♪

スポンサーリンク

実際に何が人気なの? その理由や要素をファンの意見から分析

では数字上での力はしっかり持っているという事が分かったBIGBANGですが、具体的にどんな所がファンを魅了しているのかネットなどの声を拾って分析してみました。

①曲がいい

まずは最もネット上に上がっていた意見として、この意見がありました!

ダンスナンバーからバラードまで幅広いバリエーションの曲をこなし、そのどれもがクオリティが高いという評価が多かったですね。

作曲を担当しているG-DRAGONさんの音楽センスや技術の高さがその理由と思われますね♪

②ダンスや歌唱力など全体的なバランスのレベルが高い

次によく挙げられている意見としては、ダンスのキレや歌唱力など一つ一つを見れば、決して他のK-POPグループなどを圧倒しているとは言えないけれど、全体を通したライブパフォーマンスや完成度はレベルが高いという意見が多く見られた印象でした。

それはつまりBIGBANGのグループとしての統一感の高さや、エンターテイメントとしてのパフォーマンス能力の高さを示していると言えるんじゃないでしょうか?

③メンバーがそれぞれ個性があってカッコいい

BIGBANG2

そして3つ目の理由としてメンバーそれぞれのヴィジュアル的な魅力に関する意見も多く見られました。

ソロやユニット活動も多いと言われるBIGBANGですが、やはりメンバー一人一人のポテンシャルが高いのはグループとしても大きな強みですよね^^!

そしてメンバーがそれぞれ新しいモノを吸収しながら活動出来ているのも、BIGBANGが活動10周年を迎え今後も更に継続していける秘訣なのかも知れませんね♪

 実際のコンサートでは空席多数との噂は? その商法や実態など

とここまでBIGBANGに関して概ね肯定的な意見ばかり書いてきましたが、まあ一般的に見て人気があるのは紛れも無い事実のようです。

しかしそれが”コンサート動員力”で日本において「嵐」や「関ジャニ∞」、「ももいろクローバーZ」などの強豪を差し置いて1位を獲得出来るだけの理由になるかと言われれば少々疑問が残ります。

そして実際のBIGBANGのコンサートの客入りなどを調べていますと、「ドームでのコンサートがガラガラだった」とか「2階席が殆ど埋まってなかった」などという情報も散見されました。

また平日などの公演のチケット料金も定価を大きく割り込んでいるという実態もあるようでした。

まあこれはBIGBANGだけに限らず、昨今日本では下火なK-POPグループ全体に言える事のようですが、このように必ずしもチケットの売上枚数とお客さんの数や人気の質が比例している訳でもないのかなという事を感じましたね><

それでも海外アーティストながら日本でこれだけの公演

チケットを売り上げるのは、彼らに相応の実力やネームバリューがあるからだと思いますし、こういった記録に残る事で人の記憶や印象にも残りますから、賛否両論は有るでしょうがエンターテイナーとしては間違った事でもないのかも知れませんね!

個人的考察

という事で、2016年の日本のコンサート動員力ランキングで圧倒的1位を獲得したBIGBANGについて、その理由や人気の実態などをいろいろな要素を交えて見てきました!

こういった人気ランキングは様々な観点からその評価は変わってくるので、絶対的な判断は出来ないとは思いますが、BIGBANGに関しても全てがパーフェクトではないけれどそれなりに高い人気を得ているのは事実かなと感じましたね^^

CDの売り上げ、コンサートへの動員数、メディアへの出演回数などなど、そういった要素だけが人気の要因とは言えないでしょうが、歌やダンスやエンターテイメントビジネスとして売り込んでいくなら、それらも重要な戦略なのかなと思いますネ♪

という事で今後もBIGBANGには韓国や日本で、そしてアジアや世界で活躍できるように頑張って欲しいなと思います!

スポンサーリンク
アドセンス 広告
アドセンス 広告

共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする