犬に梨を食べさせてもOK? その健康効果とNGな果物とは?

スポンサーリンク
アドセンス 広告

色づきだした秋 愛犬に梨などの果物は与えても大丈夫なの?

最近の愛犬ベストショット♪

そろそろ朝晩、秋が顔を覗かせておりますが、秋と言えば美味しいモノが沢山出てくるシーズンですよね。

それは大変ありがたい事で嬉しいんですが、犬をお飼いの愛犬家の方は、人間の食べ物をおねだりしてくるワンちゃんに、ついついお裾分けをしてしまうと思うんですが、たまにふと心配になりません?

「この食べ物って犬にとってどうなんだろう?」、

「もしかして食べさせてはいけないモノなのかな?」

こういう思い、筆者にはよくあります!

そこで今日は、好きな子も多いと思われる秋の果物「梨」を中心に、犬が食べても良い果物食べてはいけない果物をそれぞれ見ていきましょう。

「梨」はOK! その栄養素や犬にもたらす健康効果

本題に戻って「梨」ですが、結論から言えば犬に与えても大丈夫です。

まず梨の中に含まれる栄養素ですが、

  • 基本的にそのほとんどは水分(成分のほぼ90%)
  • 糖分はショ糖と果糖、リンゴ酸、クエン酸なども多少含む
  • 少量のビタミンB1、B2、Cを含む
  • 消化酵素を含み、タンパク質を分解してくれる
  • その他、カリウム(約140mg)、鉄分、アスパラギンサンを微量含む

特に水分とカリウムの占める割合が高い果物です。そして犬の身体にとって、有害となる成分は含まれていませんので、与えすぎに注意すれば与えても問題ないと言う事になるでしょう。

一見、与えるメリットが少ないようにも見えますが、人間が摂取する時と似たように、犬にとっても「梨」には以下の健康促進作用があると言われています。

  • 夏バテなどをしている子には、良い水分補給になる。
  • 豊富な水分とカリウムが利尿作用を促し、老廃物の排出を助けてくれる。
  • 消化酵素が含まれているので、消化を促進してくれる。

などの効果が期待できるようです。

ただ注意点としては、食べ過ぎると下痢や嘔吐などを引き起こす犬もいるようですので(梨には石細胞と呼ばれる消化されない細胞が含まれている為)、

細かく刻んで適量をあげる事が大切なようです。

また稀に、梨にアレルギーを持った犬もいるので、初めて与える場合は少量から、慎重に様子を見ていく事をお勧めします。

スポンサーリンク

犬に与えても良い果物 与えてはいけない果物

それでは最後に、犬が食べてもOK or NGな果物を参考に記しておきます。

(但し!与えても良いとされる果物も基本的に種・茎・皮・芯・繊維などは取り除いて下さい!これらは犬にとって有害になり得ます!)

  • 犬が食べてもOK!なフルーツ・・・バナナ、モモ、りんご、イチゴ、みかん、かき、ナシ、スイカ、メロンなど。(ただし適量!)
  • 犬が食べてはNG!なフルーツ・・・ぶどう、レーズン、アボガド、プルーン、レモン、グレープフルーツなど。

といった所のようです。

大切な家族の一員であるアナタの家の子と一緒に、少しでも健やかで楽しい時間をお過ごしくださいね!