八木功の経歴や家族は?店舗やメニューなども調査[元祖羽根付餃子・您好]

八木功の経歴や家族は?店舗やメニューなども調査[元祖羽根付餃子・您好]

1月22日放送のテレビ朝日系「人生で大事なことは○○から学んだ」に、元祖羽根つき餃子の中華料理店である「您好(ニイハオ)」と、店主である八木功さんがご紹介されます。

ニーハオ 八木功

好きな食べ物ランキングなどでも上位にランクインする、日本人に大人気の「餃子」ですが、今回はそんな「您好(ニイハオ)」や八木さんについて調べてみたいなと思います^^

スポンサーリンク
アドセンス 広告

元祖羽根つき餃子「您好(ニイハオ) 」とは 店舗情報

”元祖羽根つき”というフレーズが印象的ですが、「您好」が開店したのは今からおよそ33年前の1983年12月店のことでした。

当初、店主であり創業者の八木さんは、料理学校などを卒業し懸命に勉強や修行を重ねられましたが、開店の資金がなく困っていたといいます。

そこで大勢の友人にバックアップされ、全部で370万円もの資金が集まり、念願の1号店が開店出来たそうです。

そんな経緯もあって、店名は感謝の気持ちから、多くの方に親しみを持ってもらうため、誰でも話せる分かりやすい中国語の《ニーハオ》にしたといいます。

現在では東京を中心として関東に10店舗以上を構えるほど、人気の店舗に成長されたようです♪

住所や地図など、詳細に関しましては、こちらのニーハオHPよりご覧ください。

スポンサーリンク

店主・八木功の経歴や家族について

また店主の八木功さんについても、その人物像が気になったので調べてみました。

八木功

生年月日    1934年7月9日(82歳)

出生地     中国

日本人の父と中国人の母との間に生まれた八木功さんは、終戦後、ソ連侵攻によって家族が離ればなれになり、また、「日本鬼子」と差別され、大変な苦労をされたそうです。

そして八木さんは、中国残留孤児として45歳で日本に帰国。

帰国後すぐに日本語の勉強を始め、当時の日本語の先生にお礼をするために振る舞ったのが大連仕込みの中華料理。

その中でも特に餃子が人気だったとの事です。

そして更に喜んでもらいたいと、研究を重ね、大連の焼きまんじゅうからヒントを得て焼いた餃子が、この羽根つき餃子だったという事です。

現在も現役で店主を勤められ、また”羽根つき餃子”を生み出した功績から、発祥地である蒲田では、「蒲田のスーパースター」と呼ばれているそうです♪

家族に関しては、どうやら八木さんは7人兄弟で、八木さんの成功を知ってご兄弟の方々も餃子店を開店したんだそうです。

蒲田では知る人ぞ知る、「蒲田餃子御三家」として、你好(ニーハオ)、金春(コンパル)、歓迎(ホアンヨン)という3店があるそうですが、この金春(コンパル)、歓迎(ホアンヨン)の経営者が八木功さんのご兄弟だそうで、料金や羽根つき餃子という点も同じなんだそうです。

まさに餃子に愛された御一家といった感じですね…^^

商品や通販について

そしてニーハオでは、店舗意外にもクール宅急便で、餃子の通販も行っているそうです。

中国の餃子の味を国産食材を使用し、大量生産の為の機械を使わず日々店舗で手作りしているという事で、実際の店舗に限りなく近い味を楽しめるようです。

ニーハオ 通販

詳細はこちらのニーハオHPをご覧ください。

という事で、”元祖羽根つき餃子”の「ニーハオ」と、創業者の八木さんについてお話させていただきました♪

興味のある方は是非味わってみてはいかがでしょうか?^^

スポンサーリンク
アドセンス 広告
アドセンス 広告

共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする