これで歌が上手くなる!? 元バンドボーカルが考える簡単な発声法

スポンサーリンク
アドセンス 広告

正しい発声法とは? 腹式呼吸・基本を分かりやすく解説

こんにちは、元バンドボーカルを務めておりました

ユーヤです♪

まあボク自身メチャクチャ上手いって訳でもないですが、ストリートライブや基本の発声練習は結構やってきた経験がありますので、基本くらいなら解説出来る

かと思いましたので、今回は簡単な歌い方について

お話したいなと思っております。

ちなみにボクのバンドは結構ハードなロックをやって

まして、シャウトなど

頑張って練習してました^^;

しかし大は小を兼ねるとでもいいましょうか、強く歌えるという事は、弱くも歌える訳でして、正しい発声法さえ身に付ければクリアな声からシャウトまで応用可能と

思いますので、今回は簡単なお話ですが是非ご参考にしていただければ幸いに思います。

ではさっそく始めていきましょう♪

腹式呼吸と歌の関係

まずよく言われるのが、「腹から声を出すように」「腹式呼吸で歌う」などといった表現ですが、

これはメカニズムとしてはお腹を膨らませて息を

吸うことで、肋骨あたりの横隔膜を下げて安定して

息を出し入れしようというものです。

歌うときには息継ぎというものが非常に大事で、

あまり歌に関心の無い方に多くみられる歌い方が

まず歌っている最中に息が足りなくなって、声が

うわずってしまうパターンがありますね。

また腹式呼吸で横隔膜を下げる事で首より上、特に肩などの力が抜け声が抜けやすくなります。

そういった考え方から胸式呼吸よりも腹式呼吸の

方が歌う際には向いた呼吸法であるといえます。

腹式呼吸のメリットとしては身体の余計な力が

抜け、また深い息の出し入れが可能ですので、

息が続かなくなる事がないという事があげられるかと思います。

あとは喉の微妙な使い方ですが、基本的には力を抜いて

大きく開くイメージで低音から高音域まで出せるように

練習します。

これがなかなか難しいのですが、

日々の反復練習で必ず自由に出せる声域や声量は

伸びていきます。

スポンサーリンク

簡単な練習法やイメージ

上記のように理論的には分かってもそれをどうトレーニングするのか、そして繰り返し練習するのが面倒だと

いう気持ちはボクもよく分かります。

ので、日々の生活の中で少しでも腹式呼吸での発声法

に結び付けられる行動はないか考えてみました。

まず基本的に寝ている時の呼吸法は皆さん腹式呼吸です。仰向けになってお腹の上に手を当ててみてください。お腹が膨らんだり凹んだりしてますよね。

この動きを歌う姿勢の中でも応用するという事になります。

そして口からでなく鼻だけで息を吸ってみてください。

少々苦しいかもしれませんがこの時もお腹が膨らんで

深い呼吸が出来ているはずです。

基本的には上記のような状態の時の息の吸い方で

発声するのです。

そして大切なのは声に息をミックスするイメージです。

よくがなりすぎたり高いトーンを力みすぎて喉が

痛くなる場合があるかと思いますが、これは

正しい複式呼吸での発声法ではありません。

1流のボーカリストの方でハイトーンボイスや

シャウトなどを駆使されている方の発生法は

これらとは似て非なるものです。

彼らは喉を絞めて声質をコントロールしている訳ではなく、喉よりもっと口先の方でその調整を行っていて、

実際に喉は開いています、

そしてこれらのコントロールを可能にするのが、

深くて豊かな息使いなのです。

簡単に言うなら、寝起きの声や疲れて出る深いため息、

大きなくしゃみなど私達の意識していない所での声や

息遣いの方が正しい発声法になります。

これらの状態の時は全身の力が抜け、かつ十分に

息がミックスされた声が出ています。

あとはこの状態を声の高低や長短を付けていけるように

トレーニングするだけという事になります。

そしてその延長線上に1流アーティストのような

すごい歌唱テクニックがあります。

まとめ

とまあ出来るだけ簡単に分かりやすく書くつもりが、

なかなか抽象的な表現にもなってしまいましたね。

それだけ身体の中の動きを言葉で伝えるのは難しく、

スポーツなどと同じように歌唱も身体をつかった

表現活動になるからです。

まああまり難しいテクニックはそれだけの練習を要し

ますので一朝一夕では出来ないですが、

身体の力をぬいて自然体で声を出す事が出来れば

大概は魅力的な歌声となっているものです。

という事で超簡単にポイントをまとめますと、

  • まず力まない、力まなければ出ないキーの歌は自分の歌いやすいキーに変える。
  • 深い息をイメージする、声に息をミックスさせる事を心がける。
  • 普段の生活の中から寝ている時などの腹式の呼吸の動きを覚えておく。そしてリラックスしている時の声の出し方を常に心掛け、その声をより大きく高低の幅を広げていくように心がける。

といった感じでしょうかね!

あくまでも喉が痛くなったりする歌い方は正しくないですので、リラックスと深い息遣いがポイントだと

思います!

あわてず普段の生活の会話などでの発声から

自然で豊かな声量を身に付けていってくださいね♪

最後までお読みいただき、どうも有難う御座いました☆