[フライデー]木村拓哉にインタビュー SMAP解散と元メンバーへの思いを語る

12月22日発売の週刊誌「FRIDAY」が、「SMAP」解散から1年間、沈黙を貫いてきた木村拓哉(きむらたくや)さんへの直撃インタビューの様子を報じています。

SMAPの解散は、ファンのみならず日本中の方々から惜しむ声が寄せられましたが、木村さんはこれをどのように捉え、活動してきたのでしょうか。

また、新たな道を歩み始めたジャニーズを退社した元メンバー3人の活動や、ジャニーズに残った中居正広さんには、どのような思いを抱いているのでしょうか。

この記事では、フライデーによる木村拓哉さんへの直撃インタビューを基に、これまで明かされなかった木村さんのSMAP解散にまつわる心境や、今後の展望などを考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

木村拓哉にフライデーが直撃インタビュー(画像有) キムタクの現在の心境が明らかに

それではまずは初めに、12月22日発売のフライデーが報じた、木村拓哉さんへの直撃インタビューの概要からお伝えしたいと思います。

木村拓哉をフライデーが直撃インタビュー

画像引用:「FRIDAY」2017.12.22発売号

フライデーが木村さんを直撃したのは、2017年の12月中旬で、都内で行われていた、2018年1月から放送予定のドラマ「BG~身辺警護人」のロケ中だったと言います。

突然の取材に驚きながらも、丁寧にインタビューに対応してくれたとの事。

ランニングのシーンの撮影だったのか、木村さんは白のパーカーにジャージという格好で、フライデーの記者との会話中も笑顔を見せていたようです。

木村拓哉 フライデー直撃インタビュー

画像引用:「FRIDAY」2017.12.22発売号

まず木村さんは、フライデーの「今年1年を振り返ってどうですか」「今までと違う状況だという思いはありますか」といった質問に対し、

撮影し通しの1年でした。

SMAPが解散になった後は、自分の現場の責務を全うするのが求められるようになった。

これまで一緒にバラエティなどを作ってきたスタッフとは、会う機会が少なくなりました。

でも(ドラマや映画撮影の)現場で、1冊の台本を終えるまではやり切るという気持ちがあり、それが現状。

参照:「FRIDAY」2017.12.22発売号

といった内容の返答をされていたようです。

さらに自身の中で心境に変化はあったかと問われると、「無かったら変でしょ(笑)。」と答え、「でも、前向きに切り替えてやらせてもらっています。」とも。

そして、「2018年も節目の年になると思いますが」と記者から切り出されると、

いや、もう節目は迎えてるから。

2018年がどんな年になるかは、自分がいかに現場から求められるか次第だと思います。

だからこそ、オファーやそういう声を頂いた時点で、いつでも応えられる状態を作っておかないと。

参照:「FRIDAY」2017.12.22発売号

といったように回答。

またフライデーの記者が、「自宅に押しかけ、ご迷惑をかけました」と詫びると、

かかったよ!(笑)

と冗談を言いながらも、解散騒動の真っ只中は、家族の存在が大きな力になったと話していました。

※…実際にフライデーは、SMAPの解散が決定的になっていた2016年8月、木村さんの話を聞くために数回にわたり自宅を訪問していたそうです。

ちなみに、この時に対応してくれたのは、木村さんの妻である工藤静香さんだったと言います。

そしてドラマや映画の共演者やスタッフ、さらには作品を待っていてくれるファンの方々の存在が大きいとも語っていたようです。

そんなファンの方々に対する思いを、木村さんはフライデーの記者の方に、以下のように話していました。

(フライデー) ファンの方からも励ましの声をもらったりしますか。

(木村拓哉さん) するするする。

(フライデー) それが力にもなる。

(木村拓哉さん) いやいや、ならなかったらおかしいでしょ(笑)。

めちゃくちゃなりますよ、本当に。

めっちゃくちゃなる。

引用:「FRIDAY」2017.12.22発売号

さらに2018年は、これまで以上に仕事に邁進したいとしつつも、力み過ぎず、かといって変なペース配分なども考えず、自然に対応出来るようにしていきたいと答えていました。

またこの1年、いろんなバッシングを受けながらも、文句を言わずに仕事をこなしてきた事に関しては、

言ってもしょうがないじゃん。

自分の気持ちや解って欲しいことはあるけど、それを言っても…。

自分のラジオ番組で触れる事も最初は考えたけど、口にしたところで何の解決にもならないし、自分が現場でやるべきことをやって返していけばいいんだなって。

自分の中で、自分と約束した。

参照:「FRIDAY」2017.12.22発売号

などと説明していました。

そしてインタビューは終盤を迎え、話題はついにSMAPの元メンバーの方々の事に。

(フライデー) いま、中居さんと日常的にコミュニケーションはとっていますか。

(木村拓哉さん) ないない。

でも、ああだ、こうだいう報道が多いけど、(言われているような確執は)全然ないですよ。

(フライデー) 最後に、事務所を離れた元メンバーの3人に対して、言いたいことはありますか。

長年一緒にやってこられて、何か感謝やかける言葉は。

(木村拓哉さん) 彼らは自分たちなりに考えて(退社の)判断をした。

彼らの人生における判断をしたと思う。

そこは悔いのないように頑張ってほしいなと思います。

彼らは(「SMAP」解散を)選択した。

でも、敵になったわけじゃないから。

彼らの選択を応援してほしいなって思います。

引用:「FRIDAY」2017.12.22発売号

以上が、フライデーによる木村拓哉さんへの直撃インタビューの概要となっています。

またフライデーデジタルでは、木村さんの直撃動画も確認出来ましたが(1000円コース登録必須ですが…)、SMAPの解散や他のメンバーについて神経質になっている雰囲気はなく、とても自然に、正直な心境を語られている印象を受けました。

今回のフライデーの直撃インタビューから受け取れる事は、木村さんは現在、SMAPの他の元メンバーとは連絡などは取り合っていないようですが、少なくとも中居さんとは不仲ではなく、さらに他の3人に対しても敵意は抱いておらず、その判断を受け入れ、応援しているように感じました。

スポンサーリンク

木村拓哉(きむらたくや)と他のSMAP元メンバーとの関係や、今後を考察

SMAPの解散に伴い、元メンバーの関係性については、様々な噂や報道が飛び交ってきましたし、何が真実なのか分からない状態となっていました。

しかし今回の木村拓哉さんのインタビューは、直接ご本人が心境を明かされたという点では、とても貴重な気がします。

木村拓哉 フライデーのインタビュー

画像引用:FRIDAYデジタル

SMAPの解散については、報道の影響もあってか、木村さんを”裏切り者”と見る向きも少なくなかったようですし、そうした噂が発展して様々なメンバー間の不仲説などを生んでいたようにも見受けられます。

しかし、そうした、まさしく木村さんが話していた、「ああだ、こうだいう報道」が多かったようですが、少なくとも木村さんの口から直接、他の元メンバーへの前向きな思いが聞けた事は、これまでのネガティブな報道を一蹴する力があるかも知れません。

さらに木村さん以外の4人からも、直接的な言葉は用いられていないものの、それぞれを思うような発言などが度々話題となっています。

といったメンバーの発言から、方向性や価値観にズレが生じたのは事実かも知れませんが、それを簡単に不仲や確執と捉えられないほど、築き上げてきた絆は固いでしょうし、それは各々の道を歩む事になった現在でも、変わらないのではないかという気もしてきます。

もしそうだとすると、今はまだ事務所の問題などで困難かも知れませんが、いつの日か再び、SMAPのメンバーが共演する時が訪れてもおかしくない気がしますし、今回の木村さんのインタビューから、そのハードルは意外と高くないかも知れないと感じました。(あくまで個人的な感想ではありますが…。)

【その他のフライデーに関する記事はコチラです↓】

岡田准一と宮崎あおいの写真をフライデー!帽子姿でベネチア婚前旅行へ
2017年12月に結婚を発表した、V6・岡田准一(おかだじゅんいち)さんと女優・宮崎あおい(みやざきあおい)さん。 岡田さんの...
滝沢カレンと彼氏のフライデー画像!保山悠輔さん(元Little Blue boX)が彼氏か
12月15日発売の週刊誌「FRIDAY」が、バラエティを中心に活躍中の滝沢カレンさんの熱愛について報じています。 画像...