小室圭さん破談の可能性 理由は借金等の問題、秋篠宮さまの誕生日会見要約

母親である佳代さんと元婚約者の金銭トラブルなどを理由に、秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚が延期となっている小室圭(こむろけい)さん

小室圭 眞子様

画像引用:www.sankei.com

そんな小室さんと眞子さまですが、11月30日に秋篠宮さまが53歳の誕生日に際した会見の中でお二人の今後についても言及されています。

さまざまなマスコミによる報道や、世間からの賛否両論に揺れるお二人の結婚問題ですが、皇位継承第2位の立場であり、眞子さまの父親である秋篠宮さまはこの問題をどのように捉えているのでしょうか?

この記事では、11月30日に発表された秋篠宮さまの会見の、眞子さまと小室圭さんのご結婚に関する部分の要約や、一部マスコミの報道についてご説明したいと思います。

スポンサーリンク

秋篠宮さまが53歳の誕生日会見で眞子さまと小室圭さんの結婚について言及 紀子さまのコメントも合わせて要約

それではまずは初めに、11月30日に発表された秋篠宮さまの会見から眞子さまと小室圭さんの結婚に関する部分について見ていきたいと思います。

(以降、秋篠宮さま53歳の誕生日の会見全文より要約し、敬語なども省略します。全文はコチラの記事をご参照ください。)

秋篠宮さま 紀子さま

画像引用:www.fnn.jp

まず秋篠宮さまへの質問は、

眞子さまと小室圭さんとの結婚に関する行事が2年延期され、小室さんは今夏からアメリカに留学。

小室家を巡るさまざまな報道について、本人からどのように聞いて、どう受け止めていらっしゃるか?

眞子さまの最近のご様子や、お二人の結婚についてのお考えや見通しは?

参照:秋篠宮さま53歳の誕生日 会見全文①より

といったものでした。

これに対し、

(秋篠宮さま)

小室さんに関する報道については、全てをフォローしているわけではないが承知はしている。

小室さんとの連絡は2、3か月に一度くらいで、時々もらうことがある。

(結婚は)、娘(眞子さま)と小室さんの問題ではあるが、私は今でも二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、それ相応の対応をすべきと思っている。

婚約前なので、人の家のことを何か言うのははばかられるが、やはり相応の対応は大事。

二人にも私は伝えたが、今いろんなところで話題になっていることについては、きちんと整理し問題をクリアするということ(が必要)になるかもしれない。

さらに多くの人が結婚を納得し喜んでくれる状況にならなければ、私たちは婚約に当たる納采の儀を行うことは出来ない。

参照:秋篠宮さま53歳の誕生日 会見全文①より

といった内容の発言をされたようです。

今回発表された、

  • 数か月に一度ほど、小室さんと連絡を取っている。
  • お二人の結婚には、相応の対応、つまり今話題となっている問題点の解決が不可欠。
  • 国民の多くに祝福されるような状況にならなければ、納采の儀は行えない。

こうした発言は、これまでにもマスコミによって報じられていた内容通りなのかなという気はしますが、秋篠宮さまご本人の口から発せられたという点では、より強い意味を持つのかも知れませんね。

さらに長女である眞子さまの最近の様子については、

(秋篠宮さま)

最近はそれほど話す機会がないので、よく分からないが、公に依頼されている仕事は真面目に、一所懸命に取り組んでいると思う。

平日は博物館で仕事をしつつ、自分の関心、研究テーマを深めていっているのだろうと思う。

参照:秋篠宮さま53歳の誕生日 会見全文①より

などと回答。

様々な報道を、小室さんからどう聞いているかという質問に対しては、

(秋篠宮さま)

小室さんからは、その報道自体についてうんぬんは聞いていない。

ただその中で、事実と違う部分については説明を受けたことはある。

しかしそれについて、何か行動を今するのかどうか、その様子については、連絡から知ることは私は出来ていない。

参照:秋篠宮さま53歳の誕生日 会見全文①より

などと発言されたそうです。

こうした発言から、眞子さまとは、やはり小室さんに関することで関係がギクシャクしているのかも知れないとも感じますし、小室さんからも問題解決に向けた具体的な説明はされていないようですね…。

さらに会見では、母親である紀子さまが眞子さまのご様子について、以下のように言及。

(紀子さま)

昨年の夏から様々なことがあった。

折々、私たちは話し合いを重ねてきた。

そうした中で、昨年暮れから寒くなっていく中、長女(眞子さま)の体調が優れないことが多くなった。

そうした状況が長く続き、長女は大丈夫だろうか、どのような思いで過ごしているだろうかと、私は大変心配でした。

~中略~

家族として非常に難しい状況の中にありますが、私は長女の眞子がいとおしく、かけがえのない存在として感じられ、これからも、長女への思いは変わることなく、大切に見守りたいと思っております。

参照:秋篠宮さま53歳の誕生日 会見全文①より

紀子さまの発言からは、眞子さまに対する深く強い愛情が感じられますが、体調不良が長く続いたというお話から、やはり小室さんとの結婚の件で、一連のマスコミの報道なども影響して、眞子さまは相当悩まれたのではないかと推測されます。

以上が、秋篠宮さまの53歳の誕生日の会見で話された、眞子さまと小室圭さんの結婚についての発言の趣旨となっています。

当初の秋篠宮さまは、本人たちの意思を尊重するという旨の発言をされていたようですし、紀子さまも昨年の秋篠宮さまの誕生日の会見では「これから、二人が歩み、築いていく生活が幸せであるよう、心から願っております」と発言されていましたので、今年の会見の内容は大きな変化と言えそうですね。

スポンサーリンク

小室圭さんと眞子さまを破談と捉える報道など

前項でご説明しました、今回の秋篠宮さまと紀子さまの”眞子さまと小室圭さんの結婚”に対する発言ですが、表向きは”現状では結婚は認められない”とは受け止められるものの、もう破談なのかと言うと、直接的にはそのような発言は見当たりません。

しかし、一部マスコミの報道では、今回のこうした秋篠宮さまの発言は「破談」を意味すると捉える向きもあるようです。

以下は、11月29日発売の「週刊文春」の記述です。

秋篠宮さまの真意は、「小室さんから結婚を辞退されるべき」というものです。

~中略~

秋篠宮さまが公の場で”納采の儀は行えない”と発言せざるを得ない状態にあること自体、非常に重いものがあります。(秋篠宮家関係者)

引用:「週刊文春」2018年12月6日号

~前略~

皇族の眞子さまの方からそれ(破談)を言い出すわけにはいきません。

小室さんには、そうしたすべてに思いを巡らせて、自らの責任で判断をしていただきたいと秋篠宮さまはお考えになっているのです。(秋篠宮家関係者)

引用:「週刊文春」2018年12月6日号

以下は、11月30日発売の「FRIDAY」より。

小室家の借金問題が報じられて以降も、秋篠宮家としては「金銭問題が解決すれば、前進できる」というメッセージを小室家サイドに伝え続けてきました。

ところが、小室家サイドからこの問題に関しては梨の礫(つぶて)だったといいます。

~中略~

お二人の結婚については、すでに天皇陛下も裁可されており、これをなかったことにするのは皇族として大きな失点となります。

もはやそれもやむなしという結論に至ったのでしょう。(皇室担当記者)

引用:「FRIDAY」2018年12月14日号

また、これらの記事の中には、小室家の金銭トラブルは未だに解決・進展していないことや、眞子さまが宮邸の自室に引きこもりがちで、両親とも上手くコミュニケーションが取れていないなどといったことも記載されています。

こうした報道がどこまで正確かについては断言できませんが、今回の秋篠宮さまや紀子さまの発言と重なる部分も多いので、ある程度は事実なのではないかと推測されますね。

さらに、フライデーでは以下のような記述も…。

~前略~

宮内庁関係者の間では、小室さんはこのまま米国に滞在してもう帰国しないのではないかと見られているという。

引用:「FRIDAY」2018年12月14日号

一方では、今回の秋篠宮さまの会見は”進展なし”を露呈したもので、”眞子さまの結婚断行のお気持ちは、もう止められない”という「白旗宣言」だという報道もあります。

11月29日発売の「女性セブン」は、以下のように報じています。

「(誕生日)会見では、”秋篠宮ご夫妻には、結婚への強い希望を持たれている眞子さまを諭すことができない”という状況が明らかになるでしょう。」と語るのは、宮内庁関係者だ。

~中略~

小室さんと母・佳代さんの「金銭トラブル」について秋篠宮家、そして国民が納得するような説明がない以上、前には進めない、現状維持ということです。(宮内庁関係者)

~中略~

紀子さまに至っては、「小室さん」という名前にさえ触れられることもないようです。(宮内庁関係者)

~中略~

ご夫妻は、眞子さまと話し合えていないそうなのです。(宮内庁関係者)

~中略~

どうも秋篠宮さまの胸の中には、積極的に眞子さまを翻意させようという気はないようです。

”心変わりしないなら、そのうち金銭トラブルについて周囲が納得する説明をして、結婚すればいい”という諦観(ていかん)さえ抱いているように見えます。(宮内庁関係者)

引用:「女性セブン」2018年12月13日号

この報道は、破談論とは逆のようですね。

しかし、眞子さまと秋篠宮さま達が、小室さんとの結婚についてあまり話し合われていないというのは(普通の会話はするそうです)、多くの週刊誌で共通しているようですし、紀子さまはかなり反対しているという情報も複数で報じられています。

そして、やはり眞子さまは現在でも小室さんとの結婚を希望しているというのは、週刊文春と女性セブンの見方のようです。

さまざまな情報が錯綜して真相が分からない状態は、眞子さまと小室さんの報道ではよくありますが、破談なのか、それとも結婚に前向きなのかでは大きな差ですので、今後も正確な情報が待たれるところですね。

スポンサーリンク

終わりに

眞子さまと小室圭さんの結婚問題について、秋篠宮さまと紀子さまの会見に際して、マスコミの捉え方なども一部ご紹介させて頂きました。

破談ということに関しては、断定できるほどの情報はないようですが、今回の会見から、

  • 小室家の金銭トラブルについては、未だに進展はない。
  • 眞子さまがこの件で体調を崩され、両親との関係もギクシャクしがち。
  • 秋篠宮夫妻も、現状では眞子さまと小室さんの結婚は認められないと考えている。

この辺りは、かなり可能性が高い話かも知れません。

こうした問題が浮かび上がってきたのは、昨年末あたりからだったと思いますが、約1年が経過したものの解決に向けての大きな動きがあったとは思えませんし、月日が経つほど国民の信頼も失われ、ますます結婚が難しくなっていく気もします。

そうしたことからも、小室さんにはどんな内容にせよ、報じられている問題についてありのままに語って頂きたいと思いますし、曖昧にせず具体的な方向性を探していったほうが良いのではないかと感じます。

<関連記事>

小室圭さんの母に金銭トラブルや過去に恋人が!?母子の仲や内容まとめ
眞子(まこ)さまの婚約相手である小室圭(こむろけい)さんですが、母・佳代(かよ)さんに、400万円を超える金銭トラブルの疑惑や、過去の恋人の...