工藤萌がノンフィクションで同棲生活を激白 プロフィールや恋愛観は?

2月11日・2月18日放送のフジテレビ系「ザ・ノンフィクション」では、”結婚に囚われないカップル”をテーマに、3組の男女の関係を密着取材した様子が放送されます。

その中の1組に、半同棲生活を送っているものの結婚願望はなく、またお互いの行動を干渉しないという、独特の交際の仕方をされているカップルがいます。

今回は、このカップルの女性である工藤萌(くどうもえ)さんのプロフィールや、同棲相手との生活の様子などについて、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

工藤萌(くどうもえ)のプロフィール

それではまずは初めに、工藤萌さんの基本的なプロフィールの方からご紹介したいと思います。

工藤萌

画像引用:https://miss-id.jp/

工藤 萌(くどう もえ)

芸名    工藤ちゃん

生年月日  1994年5月13日(23歳)

出身地   東京都

血液型   O型

身長    156㎝

3サイズ  76-62-83

学歴    青山学院高等部卒、青山学院大学在学中(2年、留学中)

活動    シンガーソングライター、など

好きな人  大森靖子、文学的な人、寡黙な人、など

好きなもの ハローキティ、ハイボール、高円寺、秋の夜道、裏アカのTL、バンドアレンジ、黒髪、お化粧、自分の家、洗濯、海老、お米、窓のないラブホ、時計をつけない環境、新幹線、一人、ワンピース、女子高生のコスプレ、センチメンタル、アイドルが制服を脱ぐとき、カラコン、コテ、何もない日曜日、THEピンクトカレフ、など

嫌いなこと 勘違いされること、大荷物、自分の裸眼の自撮り、罪悪感、奢られる瞬間、気を使われること、など

参照:https://kudochan.tumblr.com/profile、など

工藤萌さんは東京都出身で、青山学院大学に通いながら、シンガーとしてライブ活動などを行っています。

工藤さんは4人家族で、母は専業主婦で、父親は広告関係の仕事をしているそうです。

5歳の頃からピアノを習い始めたそうですが、あまりやる気がなかったそうで、10年ほどピアノ教室に通って小学生くらいのレベルだったと、とあるインタビューでは答えていました。

しかし、小学生の頃はJ-POPがすごく好きだったと言い、中学高校の頃は、ほとんどライブハウスに入り浸っていたのだとか。

そうした経緯から、好きなバンドが沢山いるとの事ですが、自身でもバンドを組んで活動するようになり、中高生の時に組んでいたバンドではキーボード担当だったそうです。

高校を卒業する際にバンドを辞めたものの、イベントのブッキングは月1,2本のペースで続けていたそうで、その中でどうしても穴が埋められない日に、ひとりで出たことがキッカケで、ソロのシンガーソングライターとしての活動を始められたのだとか。

ちなみに、ステージなどで用いている芸名は、「工藤ちゃん」だそうです。

さらにその後も、ライブハウスで知り合った方達を中心にメンバーが集まり、「工藤ちゃんのピンクローターズ」というバンドを組み、リーダーとして活動をされているそうです。

また工藤さんは、モデルの玉城ティナさんやグラビアアイドルの稲村亜美さんを産みだした、「ミスiD」というオーディションを受け、2016年度のファイナリストにも選出されています。

工藤さんが同オーディションに応募した理由は、憧れの大森靖子さんが審査員だったため、「受かったら会えるかも!?」という気持ちがあったからだそうです。(実は、2015年度もエントリーしたそうですが、この時は書類選考で落ちてしまったとのことです。)

ちなみに、「ミスiD」のファイナリストになった事でアイドルイベントに誘われる事も増え、バイトをしなくても生活が出来るほどになったそうです。

また、CDを制作して販売したり、ファンの方との記念撮影を行うなど、幅広い活動を行っているようです。

スポンサーリンク

工藤萌(くどうもえ)はノンフィクションで、彼氏との同棲生活を告白

そんな工藤萌さんには、実は同棲している彼氏がいるそうですが、その交際の形というのが、一般的に見るとかなり独特なようです。

工藤さんの彼氏は、工藤さんにとっては人生で初の同棲相手で、星野鈍(ほしのどん)さん(仮名)という11歳年上の車販売の営業員だそうです。

同棲生活の場所は、彼氏である星野さんのアパートだそうですが、毎日の食事やその他の家事の多くも、星野さんが担当しているようです。(ちなみに、星野さんは料理や家事は好きなようで、苦ではないとのこと。)

お二人の出会いは、工藤さんのライブに星野さんが訪れた事だったようですが、星野さんも以前はバンド活動をされていたのだとか。

さらに同棲生活に際して、工藤さんは両親に星野さんを紹介済だとの事です。

と、ここまでならば、比較的どこにでも居そうな若いカップルに感じますが、工藤さんと星野さんの関係には幾つかの独自性があるようです。

まず工藤さん自身も、2つ離れた駅の近くにワンルームを借りているそうですが、ほぼ星野さんのアパートで暮らしているものの、ここを解約する気はないのだそうです。

そしてお二人には、現在はおろか将来的にも結婚願望がないと言い、その理由としては、子供が欲しくないからで、また子供が欲しくないのは育てる責任が果たせると思えないからだそうです。

さらにお二人は、お互いに干渉し合う事も嫌い、束縛もせず自由な関係でいたいようです。

そんな関係性を表す例として、工藤さんは星野さんと付き合ったきっかけは、立地(彼のアパートの方が都心に近い)と人柄などと話していたようです。

一方の星野さんの方は、工藤さんに純粋に好意を抱いているようです。

さらに、工藤さんのバンドメンバーは全員男性で、また星野さん以外の男性と2人きりで飲むこともあるのだとか。

ノンフィクションの前編では、工藤さんが男性と2人で下北沢のバーで飲んでいるシーンも放送され、その中で工藤さんは「(星野さんを)親だと思っている」と話し、身の周りの世話を焼いてくれることに対しても、ストレスを感じ始めたなどと打ち明けていました。

ちなみに、この時に工藤さんと飲んでいた男性は、「(工藤さんは)彼をなくしてもいいやって思っているから好き放題できるし、あっちはなくしたくないから我慢している」と指摘していました。

といったように、いつ崩れるか分らない関係性であることが、工藤さんが自身の借りているアパートを解約出来ない理由のようです。

また星野さんの方は、工藤さんが自分以外の男性と会ったり、遊んだりする事に関しては、嫌ではなく、むしろその方が良いとさえ考えているようで、その理由としては「俺ぐらいこんだけできる奴はいない」という自負があるからのようです。

また同棲生活に関しては、いつかは2人で新しいアパートを借りて、住まいを1つにまとめたいと考えているようで、出来るだけ長く工藤さんと一緒に暮らしたいと願っているようです。

といった所が、ノンフィクション前編の放送内容となっているのですが、後半の内容に関しましては、同番組放送後に追記したいと思います。

終わりに

という事で、”結婚に囚われないカップル”として、ドキュメンタリー番組「ノンフィクション」で紹介された工藤萌さんのプロフィールや、星野鈍(仮名)さんとの関係について、お伝えさせて頂きました。

この放送を受けて、ネット上では工藤さんへの批判的な意見も挙がっているようですが、それだけで解決するような簡単な問題ではない気がします。

星野さんの方も、少なくとも表向きには工藤さんの行動や価値観を受け入れていますし、自由な恋愛観を尊重するなら、これもひとつの形なのかなとも思わされます。

結婚をしていても、パートナーと長年うまくやっていくのは難しい訳で、結局のところはその縛りがあるかないかの違いでしかないのかも知れませんね。

とても深い話題ですが、時代の変化に合わせて、多様な価値観から学ぶ姿勢の重要性を感じさせられました。