水原希子の股関節写真炎上とは?国籍を差別された事でも話題に

抜群のスタイルとルックスで、モデル・女優として活躍されている水原希子(みずはらきこ)さん

そんな水原さんですが、ネットで情報を検索していると「股関節写真」という関連キーワードが浮かんできます。

また水原さんは、出演するサントリービール「ザ・プレミアム・モルツ」のウェブCM動画に対して、人種差別的なコメントが多く寄せられ、こちらも話題となっているようです。

という事でこの記事では、水原希子さんの「股関節写真」の詳細や、出演CMでの人種差別の問題などについて探ってみたいと思います。

広告

水原希子(みずはらきこ)のプロフィール

水原希子

画像引用:http://www.oricon.co.jp/news/2022869/photo/1/

水原 希子(みずはら きこ)

本名     オードリー・希子・ダニエル

生年月日   1990年10月15日(26歳)

出身地    アメリカ合衆国テキサス州ダラス

育った場所  兵庫県神戸市

血液型    A型

身長     168cm

3サイズ   75 – 60 – 85 cm

職業     モデル、女優
デビュー   2003年~

事務所    エイジアクロス

<備考>

  • アメリカ人の父親と韓国人の母親の間に生まれる。
  • 妹は「水原佑果」名義でモデルとして活動している。

(参照:wikipedia)

また、水原さんの国籍はアメリカ合衆国となっているそうです。(情報参照:http://news.livedoor.com

水原希子の股関節写真の画像は本人のもの? 炎上の経緯など

水原さんについて情報を検索していると、「股関節写真」という関連キーワードが浮かんできますが、どうやらこれは、2014年の12月15日に、水原さんが自らのインスタグラムに載せた画像が炎上した事が原因だったようです。

2017年9月現在は問題の投稿は削除されておりますが、過去のニュースから調べてみると、以下のような経緯があったようです。

水原さんは2014年の12月15日に「I’m in love with the rainbow(この虹に恋している)」というコメントが付けられた1枚の画像をインスタグラムに投稿しました。

↓が、その画像となっています。

・水原希子の虹写真

白のショーツをはいた女性の股をアップで写したと思われる写真で、ショーツの中央には縦に虹が出ています。

この投稿のコメントの後ろには「LinaScheynius」というタグも付いていて、この写真がリナ・シェイニウスさんという海外のフォトグラファーの作品であることが示されていましたが、これを見た方の中には水原さん自身を写したものだと勘違いした人も多く、フォロワーからは驚きの声が上がっていたようです。

さらに一部には、

  • 気持ち悪い
  • kikoちゃん暴走中?
  • よくこんなのインスタに載せれるよね!
  • ありえない。載せていいのといけないのの区別つかない?

といった、水原さんのこの行動を批判するコメントも相次ぎ、炎上していたようです。

これを受けて水原さんは、

あの写真に下品とコメントされてる方がいます。

エロティシズムとアートを下品と勘違いさせている方が多いのではないかと思います。

これはアートです。

コンビにに並んでいるエロ本は下品です。

どちらが正しいとは思いません。

どちらも異なるよさがあると思います。

ただそれを一纏めに下品だと判断しないで欲しい。

と説明し、

人それぞれ価値観が違うから、もちろん何も押し付ける気持ちはないけど、キャパシティーが少ない人が多くて、その価値観でネガティヴなコメントを貰うのは悲しい。

「そんなのもあるのね!」ぐらいな感じで見てもらえればいいのだけれど 色んな人がいるから仕方ないか。

私含め皆ジャッジメンタルだから。

などと、自身の心境やネガティブな反応を示す人達への理解の気持ちなども示されていたようです。

(ここまでの本段落の情報参照元:http://news.livedoor.com

結局のところは、この問題の画像は水原さん本人を写したものではなく、また海外のアーティストの作品であって性的な事を想像させる意図もなかったようですが、有名人のSNSから発信されただけに物議醸してしまったようですね…。

確かに表現は自由だとは思いますが、多くの人達の目に止まる媒体ですので、誤解を招かないためにはもう少し補足の説明が必要だったのかも知れません。

水原希子が出演CMで人種差別を受ける

また2017年の9月7日に、サントリービール「ザ・プレミアム・モルツ」の公式ツイッターアカウントに投稿された水原さんが出演するウェブCM動画では、投稿のリプライ(返信)欄に人種差別的なコメントが相次ぐ事態となっています。

  • エセ日本人がcmしてるから買いません
  • 反日モデルをつかうとは、やるねサントリー
  • なんだ?偽日本人か。ビールが不味くなる!

情報参照:JCASTニュース

などといった、出演者・水原さんに対する人種差別的な発言が相次いでいるようですが、一方では「なんなのこの差別発言の数々…」「ヘイトコメントがひどい」などと反発するコメントも数多くあり、賛否両論が巻き起こっているようです。

また、この差別的な投稿を問題視しているのは一般のユーザーにとどまらず、著名人の方々からも非難の声が上がっているようです。

こうした動きに対し、サントリー広報部の担当者は、

今回の当社の投稿に対して、ツイッター上でキャンペーン趣旨とは異なるコメントが多くついている事態を残念に思っております。

とコメントしているようです。

(ここまでの本段落の情報参照元:JCASTニュース))

また、水原さん本人は15日にツイッターを更新し、以下のようなコメントを発表されていました。

今この世の中では色んな争いが起きていますが、

どこの国で生まれても、

どこの国で育っても、

どこの国に住んでいても、

みんな地球人である事には変わりありません。

全ての人に自分を理解してもらうのは

難しい事かもしれない。

でも、この世の中で私の事を理解してくれている人がこんなにもたくさんいるという事に気づく事ができました。

一日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。

そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように、まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います。

全ての争いがなくなる事を心から祈っています。

LOVE&PEACE

引用:水原希子さんのツイッターより

筆者も実際に、プレミアムモルツのツイッターアカウントを覗いてみましたが、水原さん、サントリー、ツイッター社、批判する方、擁護する方など、それぞれへの様々な意見が飛び交っていて、混沌とした状態に見受けられました…。

水原希子が受けた人種差別的な批判 原因は過去の炎上にあった?

上記のような内容が、水原さんが受けている人種差別的な批判なのですが、ざっと匿名掲示板を覗いただけでも、水原さんに対しては辛らつな意見が多く見受けられます。

これは個人的には意外な反応だったのですが、調べてみると、その理由としては2016年の7月に起きた、ある炎上騒動が関係しているようです。

具体的には、水原さんはこの時期に、SNSに投稿された中国の天安門に向けて中指を立てた写真作品に「いいね!」をしたとして、中国全土で大炎上する事態になっていたようです。

これを受けて、水原さんは同年7月15日の夜、中国版Twitterを通して謝罪動画を公開。

動画内で水原さんは、

私は父がアメリカ人で、母は日本で生まれた韓国人です。

と、自身の出自をカミングアウト。

さらに、本名である「オードリー・ダニエル・キコ」と名乗り、

誰かを攻撃するつもりも、傷つけるつもりもなかった。

などと謝罪していたようです。

この騒動には、日本のネット上でも様々な意見が飛び交っていたようですが、

  • 日本人じゃないから関係ない……って日本で活動してるのに都合いいな
  • 日本人じゃないなら、日本名を名乗らないでほしい
  • これまで日本名を名乗り、日本の地で活動してきたのに、「日本人じゃないから許してほしい」は都合よすぎるのでは?

といった声もあがっていたようです。

つまり、ネット上に水原さんを批判する声が多いのは、水原さん自身が過去に中国を侮辱したと誤解される行動を起こしていた事や、日本人ではないと受け取れる発言をされていた事で、「自分自身が国籍や人種を意識してきた」と捉えられたからなのかも知れませんね。

しかし、昨年7月に炎上した「天安門に中指…」の写真については、水原さんの友人であるアイ・ウェイウェイさんという中国人芸術家の作品だったそうで、アイ・ウェイウェイさんは世界中の建造物に中指を立てる写真を撮り、シリーズ化していて、天安門の作品もそのシリーズのうちの一つだったそうです。

そして水原さんはこの友人の投稿を励ますという意味で、「いいね」を押したのだそうです。

(ここまでの本段落の情報参照元:http://news.livedoor.com

また「父がアメリカ人で、母が日本生まれの韓国人」と発言されたのは、「自分は多文化に触れながら育った事で世界中に友人が出来、異なる人々を尊重し合う大切さを知り、地球人だという自覚に繋がった」などという事を伝えたかったようです。

以下が、実際の水原さんの謝罪動画のようですが、前半部分に上述したような発言が見られます。

(筆者は英語や中国語は分からないので、あくまで翻訳された日本語を基にした情報ですが…。)

という事で、この件についても水原さんには差別や批判などの意図はなかったものと思われますが、「股関節写真」の時と同様、誤解を招きかねない行動だったのかも知れません。

そして、こうした水原さんの言動や行動が、今回の出演CMで人種差別的な批判を受ける一因となったようです。

水原さんは多くの人たちから注目を集める有名人ですので、自身の発言や行動には慎重にならなければいけないとは思いますが、これまでの炎上騒動も決して悪意はなかったのでしょうから、人種差別的な批判コメントや誤解はなくなって欲しいなと感じました。