森崎友紀は現在消えた?出産後の仕事や活動,子供の画像は?

森崎友紀は現在消えた?出産後の仕事や活動,子供の画像は?

美人料理研究家として、一時期はテレビやグラビアなども含め、幅広い活躍を見せていた森崎友紀(もりさきゆき)さんですが、最近ではメディアでその姿を見る機会がめっきり減ってしまいました。

森崎友紀

森崎さんは2016年1月に、当時41歳の一般男性の方と結婚した事を発表され、2016年の6月には第1子を出産されていました。

かなり豊満なスタイルも相まって男性人気は特に高かった印象がありますが、現在はどんな暮らしをされているのでしょうか?

今回は森崎さんの現在の仕事や活動、またお子さんや旦那さんとのプライベートなどについて、調べてみたいと思います。

スポンサーリンク
アドセンス 広告

森崎友紀(もりさきゆき)のプロフィー・経歴

それではまずは簡単に、森崎さんの基本プロフィールからご紹介したいと思います。

森崎友紀

森崎友紀(もりさきゆき)

生年月日     1979年12月29日(37歳)

出身地      大阪府堺市

血液型      A型

身長       162cm

3サイズ     88 – 58 – 88 cm

職業       料理研究家・タレント

森崎さんは大阪府出身の方で、現在37歳になられます。

幼時にアトピー性皮膚炎に悩まされていたそうですが、祖母の食事改善をきっかけに治癒した経験から、料理研究の道に進む事を決意されたそうです。

大学を卒業後は、私立病院に管理栄養士として就職され、その後、料理教室講師、小学校管理栄養士として働いている時にスカウトされ、劇団、モデル事務所にも所属する事になりました。

以降、料理研究家として独立して上京し、料理教室の講師・レシピ制作・料理番組の企画・出演などを行いながらも、ご自身もテレビ・ラジオ番組に出演され、タレント、グラビアモデルとしての活動も行うようになっていきました。

また料理の他にも多才な方のようで、着付け、水泳、書道、ピアノ、ヨガなども得意だそうで、コスプレの隠れマニアという一面も持っているそうです。

スポンサーリンク

森崎友紀の結婚や出産の経緯

そんな才色兼備な印象も受ける森崎さんですが、ここ2~3年の間にメディアで姿を見る機会が激減したように思うのですが、その理由はやはり結婚と出産が関係しているのでしょうか?

森崎さんの過去の彼氏などの噂には、ココリコの遠藤章造さん川越達也シェフの名前が挙がる事もあったようですが、最終的には当時41歳の一般人男性の方と結ばれましたね。

森崎さんの結婚の馴れ初めについては、2012年の春に仕事を通じて出逢った事がきっかけで、現在の旦那さんと交際に発展したようで、おそらくその頃から将来を見据えて、仕事量をセーブされ始めたのではないかと思いますし、昨年の6月には出産もされたという事で、現在はやはり子育てや家庭を最優先されているのではないでしょうか?

森崎友紀 子供

因みに上の画像が、生後間もない頃の森崎さんのお子さんになります^^

森崎友紀 子供

さらに上記の画像は、今月の森崎さんのお子さんの姿です。

とてもすくすくと成長されているようですし、こんな可愛らしいお子さんが居たら、それは家庭を大切にしたくなりますね!

森崎友紀は消えた? 現在の活動

そんな森崎さんの現在の具体的な活動内容ですが、どうやらママ料理人として、ブログで“管理栄養士の離乳食レシピ”などの情報を発信したり、人気料理漫画『食戟のソーマ』にレシピ提供などをしているそうです。

森崎さんのブログを覗いてみると、確かに離乳食のレシピなどを中心に、ほぼ毎日のようにレシピの紹介記事の更新をされています。

(*詳細は森崎さんのオフィシャルブログでご確認ください。)

という事で、現在の森崎さんはテレビなどのメディア出演はほぼされておらず、芸能界からは消えたと言えるかも知れませんが、本業の料理研究家としての活動は継続されているようですね^^

森崎友紀の今後は?

森崎さんの、芸能界から消えた?という噂は、現時点では確かに露出は激減したと言えるとは思いますが、その理由についてはご本人は明言されていませんが、タイミング的にも結婚や出産などの影響が大きいのではないかと思われますね。

干されたとか、問題を起こしたからという、ネガティブな理由ではおそらくなさそうです^^;

またお子さんが成長された頃には、タレント活動を再開される可能性も十分ありますし、美人でスタイルも抜群の森崎さんですから、メディアでの需要もあるでしょう。

何はともあれひとまずは、大切なお子さんや旦那さんとの幸せな家庭を築くために、森崎さんらしい活動を頑張って頂きたいですね^^

スポンサーリンク
アドセンス 広告
アドセンス 広告

共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする