斉藤由貴の文春砲内容と不倫画像 往診と否定も夫は知らず,手繋ぎデートも?

斉藤由貴の文春砲内容と不倫画像 往診と否定も夫は知らず,手繋ぎデートも?

先日、「週刊文春」が報じた斉藤由貴(さいとうゆき)さんの不倫疑惑が大きな注目を集めていますが、これに対し斉藤さん本人は全面否定するコメントを発表し、一方の「週刊文春」は8日3日発売の同誌で詳報しています。

斉藤由貴 不倫疑惑

引用:文春オンライン

両者の意見が真っ向から対立する形となっているようですが、一体真相はどうなっているのでしょうか?

当ブログでも先日、速報記事として斉藤さんの不倫疑惑について扱わせて頂きましたが、本記事では新たに判明した「週刊文春」の報道内容や、斉藤さん側の説明などについて見ていきたいと思います。

※8月7日追記…本日発売の週刊誌「FRASH」でも斉藤さんと医師A氏の不倫疑惑が報じられました。

概要にや今後の斉藤さんについて、以下の記事にて考察してみました。

斉藤由貴の今後や離婚は?7年不倫で宝石がプレゼントとフラッシュが報じる

スポンサーリンク
アドセンス 広告

斉藤由貴(さいとうゆき)は文春砲の不倫疑惑を否定

まずは、斉藤由貴さんが8月2日、所属事務所を通じて報道各社に送付した、自らの不倫報道を全面否定するコメントを綴ったFAXの内容について、見ていきたいと思います。

以下が、そのFAXの全文となります。

報道関係者の皆様へ

 この度は、私事で大変お騒がせしており申し訳ございません。

 報道にあった先生は、随分前から家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方で、不倫関係ではございません。

 実は6年ほど前に大掛かりな減量をした際にも全ての指導と管理をしていただき、ここ最近沢山お仕事をいただくようになってからは、肌ケアの美容注射や体力維持の点滴等、女優としてあまり他の患者さんには見られたくない治療やメンテナンスのために、個人事務所に往診をお願いしております。

 現在の多忙な日々や女優生命を支えてくれているコーチ的な存在で、医師と患者であると同時に、トレーナーと選手のような間柄と言えます。

 現実として、家族皆がかかりつけとしてお世話になっている先生なので、私が治療を受けている状況は理解してくれております。

 それ以外の詳細につきましては、私から直接ご説明するタイミングを設けさせていただきたく思っておりますので、今しばらくお待ちいただき、家族や自宅周辺へのご取材等は何卒お控えくださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

斉藤由貴

要約すると、今回「週刊文春」が報じた不倫疑惑やそのお相手について、斉藤さん自身は、

  • 家族ぐるみで、主治医としてお世話になっている関係
  • 密会になったのは、女優として他の患者さんに見られたくない治療やメンテナンス(肌ケアの美容注射や体力維持の点滴等)のために、個人事務所に往診をお願いしていたから
  • 現在の多忙な日々や、女優生命を支えてくれているコーチ的な存在で、トレーナーと選手のような間柄
  • 家族皆がかかりつけとしてお世話になっている先生なので、家族は関係を理解してくれている
  • 詳細は、直接説明するタイミングを設けたいと考えている

といった見解を、持っていらっしゃるようですね。

こうした斉藤さん側の説明を見ると、この50代医師の男性とは家族公認の関係で、特にやましい関係でもないように思われるのですが、8月3日に発売された「週刊文春」内の記事では、矛盾する部分がいくつか見受けられました。

という事で次章以降では、その「週刊文春」側の報道について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

文春砲の内容 斉藤由貴とA氏の逢瀬・1日目

8月3日発売の「週刊文春」で詳報された、斉藤由貴さんと50代医師A氏の不倫疑惑ですが、少々長い記事なので説明も長くなるのですが、以下にその概要をご説明させて頂きたいと思います。

まず、斉藤さんの不倫疑惑のお相手とされるA氏の経歴や人物像についてですが、「週刊文春」の記事によると、

  • 横浜市内で、内科を中心としたクリニックを開業している50代の医師
  • 父親は、市内の中華学校の校長を務めた教育者
  • (A氏の)フェイスブックによると、クリニック開業までにアメリカの大学で再生医療を学び、大学病院で勤務していたキャリアを持つ
  • 英語が堪能で、外国人の患者も来ていて、繁盛している
  • 妻子と暮らす自宅は、元町商店街のすぐそばに立つ地下1階、地上2階建ての豪邸で、ガレージには高級外車が並ぶ

といった方だそうです。

そんなA氏と斉藤さんの逢瀬(おうせ)についてですが、「週刊文春」の記事では、まず7月24日の月曜日に出会う所から報じられています。

同日の午後12時25分頃、横浜の港に近い高級住宅街の一軒家から出てきた黒のポルシェ・カイエンは山手地区の丘に建つ教会の駐車場へ。

その車から降りてきたのが斉藤さんだったそうですが、白の花柄ワンピースに顔が隠れる黒の麦わら帽子を被った斉藤さんは、なぜか教会には入らず、脇の坂を小走りに下り、横浜・元町商店街へ。

斉藤さんはそこのショッピングエリアを抜け、中華街方面へ向かい、周囲を伺うと1Kと1DKの部屋が20戸ほどある小さなマンションの中へ。

斉藤さんがこのマンションに入ってから2時間弱すると、今度は白髪交じりのおしゃれな中年男性が出てきたそうです。


この男性こそが、今回、斉藤さんと不倫疑惑が報じられている50代医師のA氏という方で、TシャツのVネック部分にメガネを引っ掛け、コットンパンツというラフな格好で、何も持たずに元町方面へと歩いていったそうです。

その15分後、今度は斉藤さんがマンションから出てきて、周囲を警戒しながら来た道を戻っていき、教会の駐車場に停めていたカイエンに乗り込むと、自宅近くのスーパーを経由して帰宅したそうです。

といったような、教会を無料駐車場代わりにした、斉藤さんとA氏の2時間弱に及ぶ奇妙なマンション滞在。

さらに二人の密会はこの日だけにとどまらず、少なくともその後も数日に渡り、繰り広げられたようです。

(※本章の情報参照元:週刊文春

文春砲の内容 斉藤由貴とA氏の逢瀬・2日目

斉藤さんとA氏の2回目の密会となったのは、前回から1日の間隔を空けた7月26日の水曜日で、この日の午後6時過ぎ、斉藤さんはテレ朝での収録を終え、事務所のワンボックスカーで、横浜・伊勢佐木町裏の路地に50分後に到着。

小雨が降る中、傘も差さずに、小走りで斉藤さんが向かったのは小さな映画館で、入り口で待っていたのはA氏でした。

二人はこの日「光をくれた人」という作品を鑑賞し、午後9時過ぎ、まずは斉藤さんが劇場の階段を下りて現れ、その後A氏も下りてきたそうです。

A氏が映画館を出ると、斉藤さんはすぐ後ろに続き、バトンリレーのようにA氏は右手を差し出し、斉藤さんは左手を重ねたそうです。

瞬く間に指を絡めて、「恋人繋ぎ」になった二人はすぐ隣にあったお好み焼き店へ。

そして、仕事の話を積極的に話す斉藤さんと、まるで業界人のようにそれについていくA氏。

斉藤さんは、そんなA氏を信頼した様子だったそうです。

そしておよそ1時間後、A氏が会計を済ませ、二人は近くのコインパーキングへ。

A氏が運転し、斉藤さんが助手席に乗り込んだ黒のポルシェ911は、斉藤さんが通う教会脇の坂道に停車し、この日の二人の逢瀬は終了したようです。

(※本章の情報参照元:週刊文春

スポンサーリンク

文春砲の内容 斉藤由貴とA氏の逢瀬・3日目

週刊文春の報道は上記に終わらず、さらに3回目の斉藤さんとA氏の逢瀬へと続きます。

3回目のお二人の密会があった日は、またしても前回から1日間隔を明けた7月28日の金曜日でした。

場所は、斉藤さんが個人事務所と説明する例のマンションで、A氏は自身のクリニックの昼休みとなる12時半ごろ、クリニックから現れ、一旦自宅に戻ってから歩いて例のマンションへ。

オートロックの入り口をスムーズに入り、エレベーターで上がっていったそうで、どうやら部屋のカギを持っているのでは?と「週刊文春」は報じています。

そして、A氏がマンションに入っていった5分後には、斉藤さんが現れ、脇目も振らずに入っていったA氏とは対照的に、用心深げに周囲を伺いながら入っていったと言います。

そして斉藤さんがマンションに入っていってから1時間40分後の午後2時22分、A氏が一人で出てきて急いで自宅方面へと駆け出していったそうです。

さらに10分後、今度は斉藤さんが出てきて、周囲を不審そうに伺いながら、元町に停めていた車に向かったそうです。

以上が、「週刊文春」が伝える、斉藤さんとA氏の3回目の密会の概要になります。

(※本章の情報参照元:週刊文春

文春砲の内容 斉藤由貴とA氏の逢瀬・4日目

そして、さらに斉藤さんとA氏の密会は続いて、4回目は前回からさらに1日の間隔を空けた7月30日の日曜日だったそうです。

7月24日の月曜日から、一日ずつの間隔を空けて行われてきた斉藤さんとA氏の密会は、7月30日の日曜日で4度目を迎えたようですが、この日の密会の様子については「週刊文春」には書かれていません。

その代わりこの日は、「週刊文春」の記者が当事者である二人を直撃したようで、その様子が描かれていました。

まずはA氏の方からご説明しようと思いますが、「週刊文春」は同日の朝、マンションから駅に向かったA氏を直撃したようです。

(週刊文春) マンションで斉藤さんとお会いになっていましたよね?

(A氏) 僕は医者なので、個人の健康に関してあまり口外できない

(週刊文春) もともと斉藤さんは患者だったのですか?

(A氏) (斉藤さんは)いま忙しいようなので、往診で健康の管理をしている

(週刊文春) 二人きりですよね?

(A氏) (動揺した様子を見せる…。)

(週刊文春) Aさんが先にマンションに入ることもあるが、カギを持っているんですか?

(A氏) 違うよ、外で待っている

(週刊文春) 中まで入っています。

(A氏) そりゃ、ないでしょ。ピンポンしないといけないからエントランスで待っている

(週刊文春) マンション以外であったり、食事をしたことは?

(A氏) ない

さらに1時間後、「週刊文春」は、今度は自宅から事務所の車に乗り込もうとしていた斉藤さんを直撃したそうです。

(週刊文春) 斉藤さん、Aさんと不倫していますよね?

(斉藤さん) ……。

記者の問いかけに何も答えぬまま、斉藤さんは無表情で車に乗り込み去っていったとの事です。

さらに、「週刊文春」の取材に対し、斉藤さんの所属事務所は、

(二人は)主治医と患者の関係。

2009年にクリニックに子供を連れて行ったのがきっかけだったと思います。

先生は斉藤の旦那さんを含め家族5人の担当医なので、(A氏に)妻子がいることも、もちろん分かっています。

斉藤の長女と先生の次男が小学校で一緒だったので、そういう部分で家族ぐるみの付き合いはあるそうです。

不倫関係の事実はありません。

マンションは今年の3月、4月ころから斉藤が個人の事務所扱いで借りている。

そこで原稿を書いたり、いろいろしているようです。

女優なので、総合的な美容メンテナンスなどなどの支えをしていただいたり、体調が悪いときは注射や点滴などの対応をしていただいております。

といった内容の説明をしていたようです。

しかし、「週刊文春」は目撃した二人の密会は、A氏が先にマンションに入り、斉藤さんが遅れて入っていて、「往診」というには不自然だと記しています。

またA氏は治療道具などを一切持たず、手ぶらでマンションに出入りしていた事も不自然だと指摘。

そして最後に、斉藤さんの所属事務所に対し、以下のような質問と回答があった事を記していました。

(週刊文春) 二人は食事だとか、診察以外のかかわりを持つことはありましたか?

(斉藤さんの所属事務所) 二人きりではありません。ヘアメイクの女性がいての食事はあると思いますが

(週刊文春) 二人きりで食事をしたことはないと?

(斉藤さんの所属事務所) はい

しかし、「週刊文春」の記者は二人でお好み焼き店で食事する様子を目撃していて、そこに同席者らしき人物は見当たらなかったとしています。

さらに、「週刊文春」は斉藤さんの旦那さんに話を伺ったところ、斉藤さんが中華街の近くにマンションを借りていた事も、A氏の「往診」についても知らなかったと報じています。

(※8月4日追記…斉藤さんは8月3日の釈明会見で、旦那さんがマンションの件や「往診」を知らなかったと文春に答えた事に関しては、「私が夫に何を聞かれても『知らない』と答えてほしいと伝えていた。マンションのことは伝えていなかった。仕事に集中する環境が欲しくて、借りた。夫はなんとなく知っていたのでは……」と説明されていたようです。)

以上が、「週刊文春」が伝える斉藤さんとA氏の不倫疑惑の概要になります。

(※本章の情報参照元:週刊文春

スポンサーリンク

終わりに

という事で、少々長い記事になってしまいましたが、斉藤由貴さんの不倫疑惑を「週刊文春」が報じた事に伴い、斉藤さん側の説明と「週刊文春」側の報道について、それぞれご説明させて頂きました。

現時点の情報から考察すると、

(斉藤さん側) A氏とは主治医と患者の関係

(「週刊文春」側) 二人きりで親密な出会いを重ねていて、上記の関係を超えるものに見える 

(斉藤さん側) A氏は家族公認の存在で、マンションは個人事務所であると所属事務所も把握

(「週刊文春」側) 斉藤さんの夫は、マンションの契約もA氏の往診についても知らず

といった意見の食い違いが、見られるように思われます。

今後、改めて斉藤さん自身が会見を開く事を示唆していますが、どのような説明をされるのか注目が集まります。

しかし、現在もドラマやバラエティなどで活躍中の斉藤さんだけに、今回の報道によるダメージが懸念されますし、今後のためにもこの不倫疑惑が真実であって欲しくないですよね。

さらなる情報が判明次第、またお伝えさせて頂きたいと思います。

【関連記事】

斉藤由貴の今後や離婚は?7年不倫で宝石がプレゼントとフラッシュが報じる

斉藤由貴の不倫歴 尾崎豊や川崎麻世と過去が!夫との馴れ初めはモルモン教?

・斉藤由貴が会見で不倫否定 医師A氏と同意見,新たな文春やフライデーの矢は?

スポンサーリンク
アドセンス 広告
アドセンス 広告

共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする