斉藤由貴が会見で不倫否定 医師A氏と同意見,新たな文春やフライデーの矢は?

斉藤由貴が会見で不倫否定 医師A氏と同意見,新たな文春やフライデーの矢は?

「週刊文春」によって不倫疑惑を報じられ、嬉しくない意味で、世間から注目を浴びる事になってしまった女優の斉藤由貴(さいとうゆき)さん

斉藤由貴

引用:デイリースポーツ

先日の「週刊文春」の第一報を受け、斉藤さんはFAXで、50代医師のA氏はテレビのインタビューに応じて、それぞれ不倫疑惑を完全否定していました。

そして8月3日の夜には、いよいよ斉藤さん自身が会見を開き、自らの口から今回の疑惑について説明をされました。

この記事では、これまでの斉藤さんとA氏の、双方の不倫疑惑に対する釈明を振り返り、また今回の斉藤さんの会見の内容や今後の不安要素などについても、考察してみたいと思います。

スポンサーリンク
アドセンス 広告

斉藤由貴(さいとうゆき)と50代医師A氏の不倫疑惑 それぞれの主張

それでは初めに、「週刊文春」が報じた今回の不倫疑惑を受けて、斉藤さんがFAXで行った釈明と、A氏がテレビ番組のインタビューで説明した内容について、振り返ってみたいと思います。

まずは、斉藤さんが所属事務所を通じて報道各社に送付したFAXの内容ですが、要約すると、

  • 50代医師のAさんとは、家族ぐるみで主治医としてお世話になっている関係
  • 密会という形になったのは、女優として他の患者さんに見られたくない治療や、メンテナンスを受けるために、個人事務所での往診をお願いしたため
  • Aさんは、現在の多忙な日々や、女優生命を支えてくれているコーチ的な存在で、トレーナーと選手のような間柄という認識
  • 家族皆が、かかりつけとしてお世話になっているので、家族はAさんについて理解してくれている

といった内容だったと思われます。

さらに、渦中のお相手である開業医のA氏も、8月3日に放送されたテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」の単独インタビューなどに応じ、今回の報道について以下のような釈明を行っていました。

A氏はインタビューを受けて、

「こういうのが“文春砲”って言うの? なかなかへ~やるな~って感じですけれども」

とコメントし、斉藤さんとの関係については、

「長年にわたって、女優の斉藤由貴さん並びにご家族の方の主治医として、しっかりと責任を持った立場で拝見させてもらっています」

と説明。

また、クリニック以外で斉藤さんと会っていた事については、

「なにぶん今、斉藤由貴さんは再ブレークしているので、うちのクリニックの方にいらっしゃっていただきますと、他の患者さんの対応が難しくなってしまう。

やはり、患者さんの背景に合わせて対応するのが医者の使命だと思っています」

と、あくまでも医療行為をする事が目的だったと強調していました。

さらに、「週刊文春」に掲載されている2人の“手つなぎ写真”については、

「映画を約2時間近く見て、映画館から1階までが階段なんですね。

比較的急で、(斉藤さんが)よろけたんですね。

よろけていたので、ぼくは手を支えてその階段を下りていったというのが、実は事実です」

と、あくまでも斉藤さんがよろけたので”支えただけ”だと説明していました。

そして最後には、

「正当な医療行為として、時にクリニック、場合によってはそう言った事務所往診、それは時間その他の都合に関わりますけれども、患者さんの健康管理に努めていきたいと思います」

と、これからも患者さんに合わせた往診スタイルや対応を取っていく事を主張。

ちなみに、斉藤さんと映画を見に行った理由については、

「たまたま彼女の体調が回復してお祝いみたいな形です」

と、快気祝いのようなものだったと説明。

斉藤さんは涙もろく、映画を見た後も泣いていて、映画が終わったあとも「フラフラしていて」という状態だったので、階段でよろけた斉藤さんを支えたのは、

「男子たる者のマナーだと思っています」

などとも語っていたようです…。

(上記のA氏のインタビュー内容の参照元:デイリースポーツ

以上、A氏の説明を要約すると、

  • 斉藤さんとの関係は、家族全員の主治医なので、やはり医師と患者としての公認の関係
  • マンションでの密会の理由は、斉藤さんが人気芸能人なので、他の患者や斉藤さんの診察内容などに配慮して
  • 手つなぎデートについては、映画館で斉藤さんがよろけたのを支えただけ
  • 二人で映画を観に行ったのは、斉藤さんの体調の回復祝いのようなもの

といった内容となっていたようです。

そして8月3日の夜、斉藤さんが会見を開き、自らの口から今回の騒動に対する釈明を行いました。

次章では、そんな斉藤さんの会見の内容について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

斉藤由貴(さいとうゆき)の会見の内容

先日より、直接説明の場を設ける事を明言していた斉藤由貴さんですが、8月3日の夜、都内で会見を開きました。

sai7

引用:デイリースポーツ

以下、ニュースサイトで報じられている、斉藤さんの同会見の内容の一部です。

男性医師との関係について問われると、

「家族がみんなお世話になっているお医者さんです」

男女の関係か?との質問に対しては、

「そういうことではなくて」

と否定。

そして話題となっている、“恋人つなぎ”で手を繋いでいる写真については、

「(映画館を出る時に)階段を降りる時に足元がおぼつかないというか。

そういう時に支えてくれるところのある方だった」

「ぱっと手を出されて、なんとなくつかんだ時に…。

私の中でああいう風につかんだのかなと。

実はあまり記憶がなくて。すごく一瞬のことだと思います

と説明し、長時間、手を繋いだ状態ではなかったそうです。

さらに斉藤さんは、旦那さんからは報道についての感想は、

「怖くてまだ聞けてない」

と話し、夫婦関係が破綻する可能性については、

「(手つなぎを)そういう風にしたのは確かだと思うので、例えばほんの数秒でもね。

そういう風に主人が思うとしたらしょうがないなという気持ちもしますけど」

と淡々と語られていたそうです。

(上記の斉藤さんの記者会見内容の参照元:デイリースポーツ

といったように、改めてA氏との不倫疑惑を否定した形となった斉藤さんですが、会見においても、基本的にはFAXで説明していた内容と相違はないのかな?という印象を受けますね。

“恋人つなぎ”で手を繋いでいる点だけは、新たに説明を追加されていますが、内容はA氏がテレビのインタビューで応えた通り、

よろけた時に支えてもらった

だけで、深い意図はなかったと言いたいようですね。

正直、お二人の釈明に関しては、芸能界の関係者をはじめ、懐疑的な見方をしている方も多いようですし、仮にお二人の主張が真実だとしても、文春で報じられていた「二人きりでお好み焼き店で食事」をした件についてなど、まだ説明がされていない点もあり、疑惑が完全に晴れたとも言えないように感じます。

また、今回斉藤さんが会見で疑惑を再否定した事で、文春による第2、第3の矢が放たれた時のリスクや、その他の週刊誌の動向などを危惧する声もあがっているようです。

文春の第2の矢の可能性は? フライデーも怪しい?

これまでにも文春砲によって、不倫疑惑を報じられた芸能人の方は多く居た訳ですが、今回の斉藤さんのように、疑惑を否定する事によって、第2、第3の矢を浴びて、言葉は悪いですが、より墓穴を掘る形になってしまった方も居たようです。

ベッキー

引用:https://www.j-cast.com/2016/06/10269332.html?p=all

その最たる例としては、昨年、同誌によって不倫を報じられたベッキーさんも、不倫関係を全否定した事によって、文春にさらなる矢を放たれ、ダメージを広げていきました。

こういった前例もある事から、斉藤さんにこれ以上やましい点がなければ問題ないのですが、まだ何か疑惑の種を掴まれていた時は、さらなる追求を受けかねないという懸念もあるように思われます。

また、今回の斉藤さんの不倫疑惑に関しては、話題性の大きさから、「週刊文春」のみならず他誌もさらなる追求をして来ないとも限りません。

現に、8月4日発売の「FRIDAY」では、

<魔性の女>斉藤由貴「愛と理性の狭間で」-新しい恋なのか・・・

と題して、斉藤さんの今回の不倫疑惑に関連しそうな記事が掲載されるようです。

(※8月4日追記…8月4日発売の「FRIDAY」に掲載された記事は、同誌が過去に捕えた斉藤さんと尾崎豊さん・川崎麻世さんの不倫報道を振り返るものでした。)

フライデーの記事が、今回の斉藤さんの疑惑に言及した内容になっているかは現時点では断定出来ませんが、斉藤さんとA氏がほぼ100%潔白でない限り、今後も週刊誌の追及などが、暫く続く可能性は考えられるかも知れませんね…。

しかし、現在再ブレイクを果たされ、順調な活躍を見せている斉藤さんだけに、今回の件が、その芸能活動に支障を及ぼさない事を願いたいですね。

今後のさらなる動向にも、注目していきたいと思います。

【関連記事】

・斉藤由貴の不倫歴 尾崎豊や川崎麻世と過去が!夫との馴れ初めはモルモン教?

斉藤由貴の文春砲内容と不倫画像 往診と否定も夫は知らず,手繋ぎデートも?

スポンサーリンク
アドセンス 広告
アドセンス 広告

共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする