ダイニングやリビングにぴったりのテーブルは? 種類や選び方を紹介

ダイニングやリビングにぴったりのテーブルは? 種類や選び方を紹介

スポンサーリンク
アドセンス 広告

テーブル1つでオシャレな空間に大変身!? 主な種類と用途に合った選び方をご紹介

お引越しや買い替えなどで、皆さん1度くらいは悩んだ事があるのではないでしょうか、この「テーブル選び」

それだけ室内の雰囲気をガラリと変えてしまえる力を持っており、正にお部屋の顔といって過言じゃないくらいですよね。

また最近はグローバルに、美しいものから個性的なものまで、豊富な種類のものが出ておりますので、尚更どれにしようか迷っちゃいます。

そこで今回は定番のモノから最新のモノまで、代表的な

種類のテーブルをまとめてみました。

ダイニングやリビングに使われるテーブルの種類と用途

まずダイニングとリビングに、明確な区別があるかと言われれば、「ダイニング=食卓」、「リビング=居間」ですので微妙な違いですが、はっきりと分けられるものではない気がします。

それぞれのご家庭の生活環境によっても左右されるでしょうし、御自身の使い勝手の良いものであれば、特に拘る必要はないでしょう。

ただ一般的に、ダイニングの方は脚の高いモノリビングの方は座卓のように脚の低いモノが多い気はします。

それでは幾つかの種類のテーブルを、軽い解説を添えながら掲載していきますね。

ダイニングテーブル

一般的に家族で食卓が囲めるよう、大きめで高さもあり、また最初から椅子もセットで販売されている事が多いようです。4人用や8人用など、サイズも様々な品が揃っています。

リビングダイニングテーブル

その名の通り、食卓と居間用を兼用させたテーブル

ダイニングテーブルより少し高さが低く、居間のソファや、椅子などをゆったり設置出来るような、広いテーブルが多い。

リビングテーブル

ソファや座椅子などの利用に合わせて、高さが低いモノが多い、洋風のテーブル。居間での生活用途を考慮して作られており、様々なサイズや形状のモノが有ります。

センター(コーヒー)テーブル

リビングや応接室などに置かれる事が多いテーブルで、

主にそのセンターに置かれ、お茶を飲んだり会談したりするのに便利です。

天板の広いモノから円形のモノ、木製のモノからガラス製のモノなど、デザイン・大きさに至るまで多岐に渡ります。

ゲートレック(折りたたみ式)テーブル

脚だけではなく、天板も折り畳めるタイプのテーブル

一般的なモノは3枚の天板が蝶つがいに繋がっており、両側の天板を閉じた状態、片側のみ開いた状態、両方開いた状態の3通りで使用できるようです。

カウンター(カフェ)テーブル

1~2人で軽くお茶を飲めるくらいの、天板が小さく背の高いテーブル。ちょっとした椅子に腰掛け利用出来るような作りで、省スペースで用途によっては便利なアイテムです。

エクステンションテーブル

天板の両端が折り畳み式になっており、普段の生活時と急な来客時などを、1つのテーブルで使い分けられるようにという目的で作られています。

他にも子供が増えたりとか、家具が増えたなど、生活環境の変化にも融通の利くところが便利な点です。

和式長座卓

これは昔ながらの日本家屋によく置いてある、「日本版リビングテーブル」という感じのモノですね。

リビングテーブルなどには中々ない、広くて大きなモノが多いですので、大きなテーブルが欲しい、和室に住んでいる、などといった場合にはピッタリの品かも知れません。

ちゃぶ台

これも様々なモノがありますが、最近は片手で持ち運び出来るような、軽くてコンパクトなモノが人気のようです。老若男女を問わず、ちょっとした所でちょっとした書き物、調べもの、レポート作成など、幅広く活躍してくれるテ-ブルですね。

サイドテーブル

ソファやベッドの横、または部屋の隅のような比較的狭いスペースに置いて、小物置きやミニ収納として活用すると便利なテ-ブルです。

特に照明など置いてあげると、夜なんかは便利ですし、

オシャレな雰囲気も醸し出してくれます。

スポンサーリンク

総括すると・・・

上記でさまざまなテーブルの種類や、その特色などについてご紹介させて頂きましたが、まだまだ多様なデザインのモノが、細かな用途に合わせて販売されておりますので、

御自身の好みに合う、ピッタリの品を是非探してみてください。

それぞれの利点を融合させた品も多く、一概にも種類分け出来ない部分もありますが、大まかな参考程度にでもして頂ければ幸いに思います。

それでは、お部屋の顔ともいえる大切なテーブル選び

納得のいく素敵なモノに出逢えると良いですネ!

 

スポンサーリンク
アドセンス 広告
アドセンス 広告

共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連記事