たかの友梨のヒト幹細胞エステのやり方や効果!費用や危険性は?

たかの友梨のヒト幹細胞エステのやり方や効果!費用や危険性は?

美容家として、幅広い分野で活躍するたかの友梨さんですが、美のカリスマと呼ばれるだけあって、とても若々しく美しい姿を維持されていますよね!

たかの友梨

引用:http://diet-geinou.hatenablog.com

そんなたかのさんも、現在69歳になられるようですが、とてもそんな風には見えませんね。

5月1日放送のフジテレビ系「もしかしてズレてる?」にも出演するようですが、番組予告によると、たかのさんは「125歳まで生きるため、細胞レベルで若返らせることにお金を使っている」との事で、仕事中にも「若い人の細胞」なる謎の液体を顔に吹きかけているそうです。

今回はそんなたかのさんが実践している、「若い人の細胞」を活用したエステの方法や効果、費用や危険性などについて探ってみたいと思います!

スポンサーリンク
アドセンス 広告

たかの友梨(たかのゆり)の愛用する「若い人の細胞」はヒト幹細胞培養液?

という事でまずは、たかのさんが愛用しているという「若い人の細胞」と呼ぶ液体の正体について、見ていきたいと思います。

調べてみると、たかのさんが「若い人の細胞」と呼ぶ液体は、どうやら「ヒト幹細胞培養液(ひとかんさいぼうばいようえき)」という液体の事で、これを用いた最新の美容法は”ヒト幹細胞エステ”と呼ばれているそうです。

しかしヒト幹細胞エステと呼ばれているものの、実際に幹細胞そのものが使用されているわけではなく、幹細胞を培養する際に分泌される「培養液」の方を用い、この「培養液」が美容に高い効果があるんだそうです。

「ヒト幹細胞培養液」には150種類以上の肌の成長因子(サイトカイン)が含まれていて、肌の衰えを抑え、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンの再生力をパワーアップさせるといわれ、エイジングケアの切り札として注目されているようです。

スポンサーリンク

幹細胞エステの効果は? 3つの原料による違いや特徴

それでは次に、「幹細胞培養液」を用いた幹細胞エステの具体的な効果について、見ていきたいと思います。

幹細胞化粧品に使われている幹細胞は、由来の違いによって3つのタイプに分けられます。

植物由来、動物由来、ヒト由来の3種類があり、それぞれの特徴については、

  • 植物由来は価格が比較的手頃で、続けて使い易く安全性も高い。
  • 動物由来は人間の皮膚幹細胞に近いと言われていて、肌なじみも良い。
  • ヒト由来は植物由来や動物由来の2タイプよりも、さらに高い効果が期待できるが一番高価。

などと、言われています。

さらにヒト由来の幹細胞には、ヒト脂肪由来と、ヒト線維芽細胞由来の2種類があり、ヒト脂肪由来の方がより優れた効果が期待できると言われています。

しかしヒト由来幹細胞はコストが高いため、継続して使いにくいというデメリットもあるので、それぞれの特徴を理解して、自分にあったものを選ぶのが良いようです。

また幹細胞化粧品の効果については、肌の老化から来るシワ・シミ・たるみ・ハリの衰え・くすみなどの悩みを解決してくれると言われています。

従来のコスメは、老化などで減少してしまった成分を補填するのが主な目的だったのに対し、幹細胞コスメは肌本来の力を再生する事が目的とされ、自らを複製し再生する能力で健康な肌細胞を新生し、細胞レベルから肌を若返らせることができると言われています。

幹細胞コスメは危険? 安全性は?

幹細胞コスメに使用される幹細胞は3種類あるという事はご紹介しましたが、次はこれらの安全性について見ていきたいと思います。

まず一般的にこれらの中で一番安全性が高いと言われているのが、植物由来の幹細胞です。

使用される代表的な植物や生成される培養液は、希少種のリンゴから採取した「リンゴ幹細胞培養液」、クリステマリンという薬草から採取した「クリスマムマリチマムカルス培養液」、朝鮮人参から採取した「朝鮮人参培養液」などが挙げられるようです。

次にヒト由来の幹細胞ですが、厚生労働省告示の「生物由来原料基準」というガイドラインによって、使用基準が定められていて、現在、日本国内ではヒト由来を使用した製品は数が多くない代わりに、安全面においては一定の基準は超えているようです。

そして動物由来の幹細胞は、主に幼羊の毛根、もしくは羊のプラセンタ(胎盤)から採取されたものがあるようです。

採取する動物のウイルス感染の危険性や、飼育環境など、懸念すべき要素は植物・ヒト由来に比べて多いですが、世界基準に則って作られた製品は、美容サロンなどで専門的に使用されているので、レビューなどの評価が高い製品は信頼出来るかも知れませんね。

そしてそもそも幹細胞コスメは、幹細胞そのものを使用している訳ではなく、幹細胞を培養することで分泌された「幹細胞培養液(エキス)」をさらに精製して配合しているため、幹細胞を体内に移植する時に考えられるような危険性はないようです。

スポンサーリンク

幹細胞エステの方法や費用・価格は?

そんな画期的な美容法として、現在世界中から注目を浴びている幹細胞エステですが、費用やコストがリーズナブルでなければ継続するのは難しいですよね。

という事で、実際に幹細胞エステを実践するにはどれくらいの費用が掛かるのか調べてみました。

ヒト由来幹細胞化粧品

hito

ワビオ ステム アクティブ エッセンス 20mL (ヒト幹細胞培養液配合美容液)

価格:21600円(5月1日アマゾン価格)

植物由来幹細胞化粧品

hito2

たかの由梨エステファクト オールインワンジェル10

価格:2650円(5月1日アマゾン価格)

ヒト由来と植物性由来に関しては、上記の他にも国産品は幾つも販売されているようですが、動物由来の商品はあまり国産製品はなく、海外製が多いようです。

価格については、商品や容量などにもよりますが、ヒト由来が一番高い傾向にあり、数万円はざらとなっているようです><

逆に一番安い植物性は、数千円のものが多く、リーズナブルな価格となっています。

やはり幹細胞化粧品は、従来の化粧品に比べ割高な傾向があるようですが、これまでの対処療法的な化粧品に比べると、細胞レベルで改善されていくので、長い目で見ると費用対効果は高いのかも知れませんね!

幹細胞コスメのやり方については、通常のコスメと基本的に同じでOKで、いつもの基礎化粧品を幹細胞コスメにチェンジし、マッサージするようにやさしく塗り込むと効果的なようです。

まとめ

という事で、美容業界でいま注目を集めている幹細胞コスメについて、そのメカニズムや安全性、効果や費用などご紹介させていただきました。

たかの友梨さんはヒト由来の幹細胞コスメを実践されているようですが、やはり美容は毎日の継続が効果に直結して来ますので、比較的リーズナブルな植物由来の幹細胞化粧品でも継続して使用する事で、肌の再生が期待出来そうですね^^

肌の老化にお悩みの方や、若返りを希望される方は是非「細胞レベルの美容法」と呼ばれる幹細胞エステを試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
アドセンス 広告
アドセンス 広告

共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする