吉田沙保里に暴言でモラハラ・パワハラ?情熱大陸で?世論や問題点を考察

2016年8月28日に放送された「情熱大陸」に出演した吉田沙保里さん(34)ですが、同番組のディレクターの方が、プロデューサーが吉田さんに対して”暴言”を発していたとして、非難するメールを送っていた事が分かりました。

吉田沙保里

一体どんな経緯があったのか、そして何が問題なのかなど、詳しく考察していきたいと思います。

スポンサーリンク
アドセンス 広告

吉田沙保里(よしださおり)への暴言の内容や経緯はなぜ? 「イケるんですか?」

それではまずは、今回の問題となっている吉田沙保里への暴言と言われる内容や、経緯について見ていきたいと思います。

まずこの暴言問題を告白したのは「情熱大陸」のディレクターの方なのですが、このニュースを掲載したデイリー新潮の書き方では、このディレクターはAさんという呼び名になっています。

Aさんが言うには、暴言を発したのは同番組の5代目プロデューサーである福岡元啓(ふくおかもとひろ)だったという事です。

そして問題の暴言疑惑の内容については、以下のようになっています。

〈作家としてついてくれたBさん(メールは実名)は言いました。「見れば見るほど、(吉田選手が)可愛く見えてきましたよ」。(中略)しかしその直後、福岡氏が発した言葉に絶句しました。「じゃあBさん、イケるんですか~?」

(中略)イケるはずがないブスだとでも? どこからそんな下卑た発言が生まれるのか。(中略)激しい憤りを抱いたのと同時に、深く傷つきました。(中略)今でも思い返すと手が震え、涙が滲んできます〉

引用:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170313-00518588-shincho-ent

Aさんにとって福岡プロデューサーの発言は、吉田さんの容姿を間接的に批判、中傷したものだと感じられたようで、モラハラ、パワハラに当たるのではないかと激しく怒ったそうです。

スポンサーリンク

福岡元啓(ふくおかもとひろ)プロデューサーとは?

また今回、暴言を吐いたと批判されている福岡プロデューサーとはどんな方なのかについても、気になったので調べてみました。

福岡元啓

Wikipediaによれば、福岡元啓(ふくおかもとひろ)さんは1974年生まれのテレビプロデューサーで、東京都に生まれ、早稲田大学法学部を卒業後、毎日放送へ入社されているようです。

2002年に報道局ニュースセンターに異動し、ニュース番組『VOICE』では記者として、村上ファンド事件、JR福知山線脱線事故、奈良医師宅放火殺人事件などを取材。

2006年に東京支社テレビ制作部へ異動となり、数々のテレビ番組の演出等を経て、2010年秋から「情熱大陸」の5代目プロデューサーを務めているそうです。

さらに「情熱大陸」では、「情熱大陸・石巻日日新聞」(同年9月)の2編が、2011年上期ギャラクシー月間賞を受賞、「情熱大陸 猪子寿之編」が、ニューヨークフェスティバル入賞、「情熱大陸・二木あい編」が、ドイツワールドメディアフェスティバル・ドキュメンタリーライフスタイル部門で金賞を受賞するなどなど、多くの功績や高い評価を得ている方のようです。

それだけに、今回の報道は番組や、福岡プロデューサー自身にとっても大きな波紋を呼ぶかも知れませんね。

モラハラ・パワハラの定義

では今回の発言はAさんの批判する通り、本当にモラハラ・パワハラにあたるのかについて考えてみたいと思います。

実際にこの2つのハラスメントとはどういったものなのか、その定義について調べてみると、以下のような説明となっていました。

<モラルハラスメント>

モラルによる精神的な暴力、嫌がらせであり、俗語としてモラハラと略す。

肉体的な暴力と違い、言葉や態度等によって行われる精神的な暴力であるが、肉体的な暴力と同等、もしくはそれ以上に人を傷つける事もあるとされる。

<パワーハラスメント>

「職場の権力(パワー)を利用した嫌がらせ」のことであり、略称は「パワハラ」。

職権などのパワーを背景にして、本来業務の適正な範囲を超えて、継続的に人格や尊厳を侵害する言動を行い、就労者の働く環境を悪化させる、あるいは雇用不安を与えると定義されている。

簡単にザックリと言うと、上記のような言動や行動などが、モラハラ・パワハラに該当するようです。

今回の発言が、吉田さんを精神的に傷つけた、もしくは傷つけるもので、福岡プロデューサーがこの職場での地位のおかげで、そういった発言が許されていたのであれば、当てはまるのかなと個人的には感じました。

またモラハラの加害者には罪悪感がなかったり、自覚していないケースも多く見られるようです。

世間の反応・意見

またこの報道を受けて、ネットを中心とした世間の反応は以下のようになっています。

女という相手に対してイケるかイケないかの2択でしか判断出来ない残念な人間。

最悪の発言だけど、でもテレビやマスコミ関係者にとって、日常茶飯事の会話でしょ?
密着取材して思い入れがあるのかもしれないけど、かえってこの公表は吉田さんに気の毒。

過敏に反応しすぎた感もあるけどプロデューサーがゲスである事は分かる

怒る気持ちはわかる

見習える部分の多い女性アスリートを
そういう目でしか見れないなんてある意味かわいそうな人種。

良い番組だと思っていたが裏方は汚い

会話は流れがあるからな。
あるところだけ抜き出して善悪をつけると
真実とは違うことになる。

バラエティー系のプロデューサーならいいけど、情熱大陸のプロデューサーはそういう軽いノリの人は向いていないと思うけどね。
吉田さんもバラエティーならいじられることもアリだと思うだろうけど、こういう番組では嫌でしょうし。

女性蔑視(じょせいべっし)の典型。可愛いと表現するのも問題だし、その返答も。
女性は、可愛いかどうかが男性にとって重要だし。
吉田選手ももっとリスペクトされるべき。堕ちすぎ。

などなど様々な意見が挙がっていましたが、やはり福岡プロデューサーの今回の発言は失礼だと考える意見や、女性蔑視だという意見が目立ちました。

吉田さんにはお気の毒な今回の報道ですが、これを機に今後、関係者の方や、社会でのモラハラ・パワハラなどに対する価値観が、改善されていく事を望みたいなと思います。