〒(郵便)マークは書かないで良い?書くとNG?理由や局員の苦労とは?

〒(郵便)マークは書かないで良い?書くとNG?理由や局員の苦労とは?

普段私達が何気なく行っている事にも、実は意外なルールやマナーがある事も少なくありません。

fu2

そんな中のひとつとして、ハガキや封筒に書く事もある〒マークも、実は書かなくて良い、むしろ書いてはいけないんだそうです。

あまり意識する事のない〒マークの要・不要についてですが、では正しい書き方はどうなっているのか、またその理由についてもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
アドセンス 広告

郵便(〒)マークは書いてはいけない?

封筒  〒マーク

まず、無地のハガキや封筒に郵便番号を書く際に、「〒〇〇〇―〇〇〇〇」などと、郵便番号の前に(〒)のマークを書きたくなってしまいがちですが、本来はこれはNGな書き方なのだそうです。

内国郵便約款によれば、

《郵便番号の前後には、「郵便番号」、「〒」その他これらに類する文字又は記号及び「親展」、「至急」、「重要」その他これらに類する文字又は日時並びに会員番号、電話番号、口座番号その他これらに類する事項を記載できません》

と記載されているようで、(〒)マークおよび、その他の文字や記号も書いてはいけないんだそうです。

よって正しい郵便番号の書き方は、「〇〇〇―〇〇〇〇」といった番号のみを書くという事になります。

スポンサーリンク

郵便(〒)マークを書く事で郵便局員の手間が増える? 理由はなぜ?

またはがきや封筒などの郵便物に、(〒)マークなどを書いてはいけない理由としては、おそらく以下のような理由があると考えられます。


もちろん(〒)マークを書いたとしても、送り先にはきちんと届くようにはなっているのですが、本来なら機械で郵便番号を読み取り、自動で宛先別に仕分けられるものが、(〒)マークがあることによって、自動で読み取れない場合も出てくるのだそうです。

そうなると、機械で読み込めなかったものは人間が目視で確認する必要が出てくるため、郵便局員さん達の確認とデータ入力という余計な作業が発生してしまうのです。

郵便(〒)マーク以外にも余計なものは書かない方が良い 正しい書き方

また郵便番号を書くための「枠組み」や、かわいいスタンプなどのデコレーションも、機械が読み込まない原因となるようなので、シンプルに郵便番号だけを丁寧に書いてあげる事が、郵便局の職員さんにとっては一番ありがたい郵便物となるようです。

fu3

これまで無地のはがきや封筒などには、分かりやすくしてあげたいという思いから、(〒)マークや枠を手書きした経験のある方も多いと思いますが、それがかえって郵便局員の方の手間になっていたなんて、ちょっぴり悲しい事実ですよね><

しかしこういった小さな事であっても、全国のはがきや封筒を書く人達に浸透し実行されていけば、大きなコスト削減に繋がるかも知れません。

塵も積もれば山となると言いますから、今後ハガキや封筒を送る際には、(〒)マークなしで送るように心がけたいですね!

スポンサーリンク
アドセンス 広告
アドセンス 広告

共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連記事