ダイアンカイン殺害はケビンカインかウィリアム・ビル・カインが犯人?[ワールド極限ミステリー]

2010年8月15日、アメリカ・フロリダ州セミノールで1人の女性が首を絞められ殺害されるという痛ましい事件が起こりました。

犠牲となられたのはダイアン・カインさんという当時49歳の方で、奇妙なことに事件発生後、息子のケビン・カイン氏と夫のウィリアム・カイン(ビル・カインとも)がほぼ同時に911に連絡し、共に相手が犯人であると主張したのでした。

一体、この事件の真相はどのようなものだったのでしょうか?

この記事では、本事件発生の経緯や犯人について情報をまとめてみたいと思います。

※本記事は、海外メディアの情報を中心に参照しています。

そのため多少の誤訳などがある可能性もございますが、ご容赦くださいませ。

【関連記事】

ジェシカマクルーアの井戸転落事故や救出劇、その後の人生[ワールド極限ミステリー]
今からおよそ22年前の1987年10月14日、アメリカ・テキサス州で1人の女の子が井戸に転落してしまうという事故が発...

ダイアン・カインさんが首を絞められ殺害された経緯 犯人は息子か旦那?【アメリカ・フロリダ州】

それではまずは初めに、ダイアン・カイン(ダイアン・パメラ・モートン・カイン)さんが殺害された事件の経緯や、当時の周辺状況などから見ていきたいと思います。

事件発生当日となった2010年8月15日の午後、ダイアン・カインさんは夫であるウィリアム・ビル・カイン氏と、当時23歳だった息子のケビン・カイン氏と共に家に帰りました。

そしてその後、寝室のベッドで首を絞められ窒息死した状態で、警察によって発見されました。

この事件は2本の電話によって、警察に連絡が入りました。

ともに数分以内に911に着信し、電話の発信者はそれぞれケビン・カイン氏とウィリアム・カイン氏でしたが、お互いに相手がダイアンさんを殺害したと主張していました。

ダイアンさんが殺害された部屋は混乱しており、その体には血の滴が付いているのが見つかりました。

まず当時のウィリアム氏の証言からですが、当日は息子・ケビン氏とNASCAR(ナスカ―…アメリカ最大のモータースポーツ統括団体であり、同団体が統括するストックカーレースの総称)を見る準備をしていたそうですが、ケビン氏が母・ダイアンさんの寝室に入り、自分が後で見にに行くと、ケビン氏がダイアンさんの上に乗っているのを発見。

彼女(ダイアンさん)の頭が赤紫色に変わったため、彼(ケビン氏)は彼女を窒息させているようだった。

などと証言していたそうです。

一方のケビン氏は、上記のウィリアム氏の証言を否定。

ウィリアム氏がダイアンさんと話したいと主張した後、寝室に入っていったなどと述べていたようです。

このように事件の犯人については、通報してきた2人がそれぞれを指摘し合うという稀な事態が発生。

事件の解明は、一家のこれまでの歴史の調査から始められることになりました。

ケビン・カイン氏の逮捕や裁判 気性が荒く、以前から家庭内暴力?

ダイアン・カインさん殺害事件を受け、一家のこれまでの内情を調査すると様々なことが判明してきました。

まず、この一家には多くの論争や口論があり、息子のケビン・カイン氏は気性が荒く、過去に家族に対して暴力的な脅迫を行い、警察が家に駆け付けることもあったそうです。

ケビン氏は、事件以前には家から追い出されていた時期もあったようですが、ダイアンさんが再び家に呼び戻し、事件発生当時は一緒に暮らし仕事もしていなかったそうです。

そして、ケビン氏の義理の父親であるウィリアム・ビル・カイン氏は、ダイアンさんと2人きりで暮らせるよう、ケビン氏を家から出したがっていたと証言する人もいたとのことです。

また当時、殺害現場にいたのは、夫のウィリアム氏と息子のケビン氏だけだったと言います。

さらにウィリアム氏とケビン氏は互いを犯人と主張し合い、これまでの関係も良くないことから共犯の可能性はないと見られていたようです。

また法医学調査により、ダイアンさんの体の近くで見つかったサンダルにはケビン氏のDNAが付いていて、ダイアンさんの体についた血の滴はケビン氏のものであったことが明らかになりました。

これらを受けて、検察側はケビン氏が嘘を付いているとし、以下のように主張しました。

  • ケビン氏が寝室に入っていないと主張したにもかかわらず、その血がダイアンさんの足と彼女が殺されたベッドの掛け布団でわずかに見つかった。
  • ケビン氏のDNAの入ったサンダルの片方は寝室で、もう片方は出入り口のそばで見つかった。
  • ケビン氏の刑務所に収容されている仲間は、彼が犯罪を認めたと言い、検察官はケビン氏だけが彼に告げることができた情報を知っていると主張。
  • ケビン氏は最近ダイアンさんを「b —-」と呼び、自分を家から追い出し、支える努力に繰り返し抵抗したため、家庭内に緊張が高まっていた。

参照:

Jury finds Kevin Kyne not guilty in death of his mother

こうした経緯によって、2010年、警察はケビン氏を逮捕し、調査が続くなか一旦は釈放されたものの、大陪審に第一級殺人で起訴された後、2011年に再び逮捕。

その後、2012年に陪審は有罪とし、ケビン氏は刑務所で終身刑を宣告されました。

これに対しケビン氏は控訴し、2014年に控訴裁判所は新しい裁判を認め、2015年に2度目の陪審でようやく無罪が認められたようです。

(しかし、その後の2016年に、ケビン氏は別の乱闘事件で再逮捕されたとの報道も…。※参照:tampabay.com/

ケビン氏が無罪と認められた要因としては、弁護士が主張した、

掛け布団の血と太ももの血には、何の意味もない。

血液がどのようにそこに到達したかを、州は正確に説明する必要がある。

といったことがあったようです。

またサンダルに関しても、ケビン氏とウィリアム氏の闘争中に、簡単に寝室に飛んでいくことはあると主張。

そして上記のような逮捕や裁判を経て、ケビン氏は母・ダイアンさんの殺害に関しては無罪を勝ち得ることとなったのでした。

一方で、事件発生当時、現場に居たもう一人の人物であるダイアンさんの夫・ウィリアム氏の方にも、幾つかの疑惑が浮上していたようです。

ウィリアム・ビル・カイン氏の過去や逮捕 保険金で同様の死亡事件が

続いては、ダイアン・カインさんが殺害された当時、現場に居合わせたもう一人の人物であるウィリアム・ビル・カイン氏についても見ていきましょう。

まず、ウィリアム氏がダイアンさんと結婚したのは、2002年9月21日のことだったと言います。

ダイアンさん殺害の真犯人はウィリアム氏ではないかと見る説については、その理由の1つとして、窒息したダイアンさんの首からウィリアム氏のDNAが見つかったことが挙げられました。

これに対し検察官は、配偶者のDNAを見つけても驚くことではないと述べ、州検事補も、保険契約を結んでいる夫婦について驚くべきことは何もないとし、ウィリアム氏を擁護していたようです。

しかし、ウィリアム氏にはさらに不審な点が見つかりました。

それは、過去に結婚していたクリスタ・カインさんという女性も謎の死を遂げていたことです。

クリスタさん(当時44歳)は2000年のある夜に、家のプールでパジャマを着て浮かんでいるところを警察に発見されました。

ウィリアム氏は当時、最後に妻・クリスタさんを見たのは午前2時頃だったと述べていたそうですが、検死では不正の証拠は見つからず、何らかの異常な事故があったのではないかと推測されていたとのこと。

そしてウィリアム氏は、クリスタさんの死によって25万ドルの保険金を受け取り、さらに2つの火災によっても保険金を得ていました。

火災については、1つは車体修理工場で、もう1つは私有地で発生したものでした。

そして、ダイアンさんにも75万ドルの保険金がかけられていたそうです。

といった事情はあったものの、最終的に警察が逮捕したのはケビン氏で、ウィリアム氏は不正行為で起訴されたことは一度もなかったそうです。

しかし海外メディアによりますと、2019年5月、ウィリアム・カイン氏はダイアンさん殺害事件とは別の件で逮捕されたそうです。

それはバイクに乗ってウィリアム氏が仕事に向かう途中、サイクリングしていたグループにぶつかって負傷させたというものでした。

これに対しウィリアム氏は、故意ではなく何かとぶつかったような強打を感じたものの、バックミラーを覗いても悪いことは見つからなかったので仕事に向かったと証言。

そして5月7日、ウィリアム氏は職場にて、負傷者を出した事故現場を離れた容疑で逮捕。

一方の怪我を負った方は、ウィリアム氏は意図的に自転車レーンの線に沿って運転したと証言し、重症を負われていたようです。

詳しくは下記記事を参照:

William Kyne, accused by stepson in wife's 2010 murder, arrested in collision with bicycle

といったような過去や逮捕歴はあるウィリアム氏ですが、当サイトが情報を調べた限りでは海外サイトも含め、ダイアン・カインさんの死の件で逮捕されたという情報は見当たりませんでした。(2019年10月9日時点)

ダイアン・カインさんの人柄や、ビル・カイン氏の評判

また、悲劇的な死を遂げられたダイアン・カインさんでしたが、その生前の評判はとても良く、多くの方達に慕われていたようです。


↑生前のダイアン・カインさん

フロリダ州セミノールのダイアンパメラは、1961年7月18日、バージニア州リッチモンドで生まれ、1962年にフロリダ州マデイラビーチに引っ越しました。

ダイアンは信じられないほどの女性でした。彼女は内側も外側もきれいでした。

彼女は出会ったすべての人にいつも笑顔がありました。彼女は素晴らしい母親でした。

彼女は動物と子供を愛していました。

ダイアンは非常に多くの人々を助け、だれかが彼女を必要としたときにいつもそこにいました。

また、その夫であるウィリアム・カイン氏についても、2016年より「KG True North」というキリスト教に基づく非営利組織を運営し、HPには困っている人々を助けるためにボランティアなどの活動も行っているとあります。

参照:

http://kgtruenorth.com/

さらに、不動産投資家という一面などもあるようです。

終わりに

2010年にアメリカで起きた、ダイアン・カインさんの謎の死亡事件について、その経緯や犯人の可能性が考えられる人物達の情報をまとめてみました。

共犯の可能性が限りなく低いこと、事件当時の現場にはダイアンさんの息子・ケビン氏と夫・ウィリアム氏しかいなかったことなどを考えると、真犯人はどちらかであると考えるのが自然だと思われます。