ジェシカマクルーアの井戸転落事故や救出劇、その後の人生[ワールド極限ミステリー]

ジェシカマクルーアの井戸転落事故や救出劇、その後の人生[ワールド極限ミステリー]

今からおよそ22年前の1987年10月14日、アメリカ・テキサス州で1人の女の子が井戸に転落してしまうという事故が発生しました。

ジェシカ・マクルーアちゃん(愛称はベイビー・ジェシカちゃん)という名前の、まだ生後18ヵ月の女の子の赤ちゃんの救出は、予想より遙かに難航し、救助活動の様子がアメリカ・CNNによって24時間体制で報道されるなど、世界中から大きな注目を集めていたようです。

この記事では、そんなジェシカ・マクルーアちゃんの井戸転落や救出の経緯、またその後の生活などについて、まとめてみたいと思います。

※本記事は、海外メディアの情報を中心に参照しています。

そのため多少の誤訳などがある可能性もございますが、ご容赦くださいませ。

【関連記事】

ダイアンカイン殺害はケビンカインかウィリアム・ビル・カインが犯人?[ワールド極限ミステリー]
2010年8月15日、アメリカ・フロリダ州セミノールで1人の女性が首を絞められ殺害されるという痛ましい事件が起こりま...

ジェシカ・マクルーアちゃんの井戸転落事故の経緯【アメリカ・テキサス】

それではまずは初めに、ジェシカ・マクルーアちゃんが井戸に転落してしまった経緯から見ていきたいと思います。

ジェシカちゃんは1986年3月26日に、テキサス州ミッドランドの石油都市で生まれました。

↑は幼少期のジェシカちゃん

ジェシカちゃんの父親はルイス・”チップ”・マクルーアさん、母親はレバ・”シシー”・マクルーアさんで、当時はまだ貧しい10代の若者だったそうです。

1987年10月14日水曜日の朝、ジェシカちゃんを事故が襲いました。

ジェシカちゃんの叔母であるジェイミー・ムーアさんは自宅から保育園を運営し、その朝ジェシカちゃんは、母・シシーさんの監督下で裏庭で他の4人の子供たちと遊んでいました。

数分後、シシーさんは子供達が叫んでいるのを聞き、行方不明になったジェシカちゃんを見つけるために外に戻りました。

そしてすぐに、ジェシカちゃんが直径わずか8インチ(20.32㎝)の井戸に落ちて、その穴の奥深くに閉じ込められたことを発見しました。

シシーさん曰く、この井戸はこうした事故を防ぐため、開口部は重い岩で覆われていたそうですが、ジェシカちゃんがどのようにして井戸に落ちたかは不明だそうです。

そしてシシーさんは、走って警察に電話をかけました。

警察は3分以内に現場に駆け付けたようですが、シシーさんにはそれが一生のように長く感じられたと言います。

本段落の情報参照元

Baby Jessica
Jessica Morales, also known as "Baby Jessica," became famous in 1987, when she fell down a well in her aunt's backyard at 18 months old. She remained trapped fo...

ジェシカ・マクルーアちゃんの救出方法 58時間にも及ぶ作業

上述のような経緯で、井戸に転落してしまったジェシカ・マクルーアちゃんでしたが、その救出作業は予想以上に難航したようです。

わずか直径20㎝ほどの井戸の、22フィート(=6.7056m)地点に挟まれたジェシカちゃんは、頭の上に片足が固定される形になってしまいました。

井戸の直径が狭いことや周囲の岩がとても固かったことから、最終的にジェシカちゃんが救出されるまでには転落から58時間を要し、テレビ中継を通じてアメリカ国民や世界中の人達から心配を集めていたようです。

具体的なジェシカちゃんの救出方法としては、地上に電柱を植えるのに使用される大きなネズミ穴リグを使用して、井戸に平行して幅30インチ(=76.2㎝)、深さ29フィート(8.8392m)の穴が開けられました。

そして、この穴と井戸を、ジェシカちゃんが挟まっている地点から約2フィート(0.6096m)下で、水平トンネルを掘削し結ぶという困難な作業となりました。

この穴とトンネルが完成するまでには、ジェシカちゃんが井戸に転落してから45時間を要しましたが、その間、救助隊員たちは酸素を井戸に送り込み、ジェシカちゃんとの絶え間ないコミュニケーションに努められたそうです。

そんな中でジェシカちゃんは、「くまのプーさん」などの歌を歌うこともあったと言います。

この救助活動は、24時間のニュースネットワークであるCNNでライブで取り上げられ、国民全体が文字通り24時間見ていたと言います。

そして1987年10月16日の夕方、ジェシカちゃんは井戸から安全に持ち上げられ救出されました。

以下は実際の救出当時の写真ですが、救急隊員の腕に抱かれたジェシカちゃんは、頭が白いガーゼに包まれ、腕が汚れで固まっており、かすかな目がほとんど開いていないことが分かります。

以下は、救出作業中の様子を映した動画です。(3:50あたりから、ジェシカちゃんが井戸から救い出される映像が始まります。)

本段落の情報参照元

Baby Jessica
Jessica Morales, also known as "Baby Jessica," became famous in 1987, when she fell down a well in her aunt's backyard at 18 months old. She remained trapped fo...
Baby Jessica turns 25, gains access to trust fund
Baby Jessica turns 25, gains access to trust fund
Jessica McClure - Wikipedia

ジェシカ・マクルーアちゃんの救出後の治療 15回もの手術

3日近くにもおよぶ長時間の救出劇となったジェシカ・マクルーアちゃんでしたが、その後の数年間で、治療のために何と15回にもおよぶ手術を受けることになりました。

この井戸転落事故を受けてジェシカちゃんは、足が頭の上に乗った状態で長時間固定されたため、右足つま先の小さな部分を壊疽で失うことになりました。

さらに頭が井戸の壁に擦りつけられたため、額にも傷を負い、それは今日でも消えずに残っているそうです。

また、慢性ではあるものの制御可能な関節リウマチにも罹っているそうですが、現在ではおおむね健康な身体を取り戻されたそうです。

本段落の情報参照元

Baby Jessica
Jessica Morales, also known as "Baby Jessica," became famous in 1987, when she fell down a well in her aunt's backyard at 18 months old. She remained trapped fo...

ジェシカ・マクルーアさんのその後の人生 結婚し2人の子供も

上記のような経緯で無事に元気になられたジェシカ・マクルーアさんですが、その後はどのような生活をされているのでしょうか?

海外メディアの情報によりますと、まずジェシカさんは事故当時のことについては殆ど覚えていないそうです。

また当時、「みんなの赤ちゃん」と呼ばれるようになったジェシカさんは、何百万人もの視聴者の心を引きつけ、これ以上苦労しないようにとの願いで、多くの人達から花やおもちゃ、カード、お金などが送られたのだとか。

そして合計数十万ドルにもおよんだ寄付は、25歳で受け継ぐための信託基金に割り当てられ、実際にジェシカさんが25歳になった時に受け取ったそうです。

それは現在のジェシカさんの家の購入に役立てられ、その家は事件現場から2マイル(3.2 km)未満にあるといった情報もありました。

そしてジェシカさんは、2004年にミッドランド近くのグリーンウッド高校を卒業し、2006年にダニエル・モラレスさん(2019年時点で45歳?)と結婚。

ジェシカ・マクルーア・モラレスという名前になりました。

さらに二人の間には、息子・サイモン君(2019年時点で11歳?)と娘・シェイエンさん(2019年時点で9歳?)の2人の子供が生まれ、幸せに暮らしているようです。

ジェシカさんと夫・ダニエルさんについては、以前には自宅でモバイル洗車とトラック洗浄ビジネスを経営しているという記事も見受けられましたが、2017年の情報では、ジェシカさんはテキサス州ミッドランドの小学校の特殊教育教師のアシスタントを務めていると言う情報も見られました。

そして、現在のジェシカさんを見た人々は、井戸転落による傷もほとんど目立たない状態と話していたようです。

またジェシカさんも過去に、自身の傷については生き残ることが出来たので「誇りに思っている」と答えていたようです。

そして事故に関しては、「その日(事故当日)は私の側に神がいた」「私の人生は奇跡です」などとも語っていたそうです。

ちなみに、ジェシカさんのご両親に関しては事故から3年後に離婚し、共に再婚済みという情報も見受けられました。

またジェシカさんは、井戸転落事故の救助から人生を肯定する教訓を得て、子供達にもいつも謙虚であってほしいと願い、

よく見ると、この世界には非常に多くの善良な人々がいます。

と、感謝の気持ちを抱いているようです。

本段落の情報参照元

Baby Jessica McLure opens up about her famous 1987 well rescue
THIRTY years since ‘baby’ Jessica McClure was rescued from a well in Texas, the now mum-of-two has opened up about her life since the ordeal. Jessica married hu...
Baby Jessica turns 25, gains access to trust fund
Baby Jessica turns 25, gains access to trust fund
Baby Jessica's Rescue from a Well Capped Off a Terrifying Week in U.S. History
"The image endures: a grimy paramedic emerging from the rescue shaft cradling a bundle in his arms"
Baby Jessica turns 25, gains access to trust fund
Baby Jessica turns 25, gains access to trust fund

終わりに

不運な事故から奇跡的に救出され、現在ではその教訓を基に幸せな日常を送られているジェシカマクルーアさんについて、事故や救出の経緯や現在の様子などをお伝えさせて頂きました。

既におおむね健康な身体を取り戻されたとは言っても、過去には苦労や傷のことで悩みもあったのではないかと思われますし、そうしたことを乗り越えて明るく暮らしているのは、ジェシカさん自身の強さや人間性によるところが大きいのでしょうね。

自分も困難に遭遇した時、大きな怪我に見舞われた時などは、ジェシカさんのように少しでも前を向いて生きていきたいものです。

共有する

↓フォローして頂きますと、当サイトの最新情報がチェックできます!

関連コンテンツ アドセンス
関連記事