西沢裕司の現在|家族や両親、兄弟など[全日空61便ハイジャック事件犯人]

西沢裕司の現在|家族や両親、兄弟など[全日空61便ハイジャック事件犯人]

1999年7月23日、新千歳空港行きの全日本空輸61便が、羽田空港を離陸した直後、ハイジャックされるという事件が発生しました。

このハイジャックによって機長1人が犠牲になるなど、日本中を震撼させましたが、犯人の目的は一体何だったのでしょうか?

この記事では、全日空61便ハイジャック事件の犯人の人物像や現在、家族といった話題を中心に迫ってみたいと思います。

全日空機61便ハイジャック事件の概要

それではまずは初めに、全日空61便ハイジャック事件の基本的な流れについて、簡単にご説明させて頂きます。

(本記事は同事件の犯人に主眼を置いていますし、事件の詳細な内容については多くの他サイトに記載されていますので、そちらをご参照ください。)

全日空61便 西沢裕司

画像はイメージです。(画像引用:2015放送「世紀の瞬間・未解決事件 4時間半SP」)

1999年7月23日午前11時21分、羽田空港発新千歳空港行きの全日本空輸61便が、乗員14人+乗客503人の計517人を乗せて羽田空港を離陸。

しかし、離陸からわずか2分後の11時23分、当時28歳だった西沢裕司(にしざわゆうじ)という男が席から立ち上がると、手提げバッグに入れていた刃渡り19センチのナイフを取り出し、着席していた2人の客室乗務員に突きつけ、コックピットへ連れて行くよう指示。

その後、1人の客室乗務員が西沢とコックピットへ向かう間に、もう一人の客室乗務員がチーフパーサーを通じて、長島直之機長(当時51歳)へハイジャックが発生したことを報告。

これを受けた長島機長は11時25分、羽田管制に「ハイジャック発生」を緊急通報。

11時33分、西沢がコックピットへ侵入。

西沢は長島機長らに横須賀への飛行を指示し、さらに高度を3000フィート(約900メートル)まで下げるよう指示。

長島機長はこの要求に従いました。

横須賀上空に到着すると、続いて西沢は伊豆大島へ向かうよう指示。

11時38分、西沢は古賀和幸副操縦士(当時34歳)らをコックピットの外へ追い出して扉を閉め、コックピット内は西沢と長島機長の2人だけに。

さらに61便は、西沢の指示で伊豆大島上空をUターンし、横田基地へ向かいます。

ハイジャック機は900メートルの低空飛行のまま、茅ヶ崎から陸地に入り、市街地の上を飛行。

コックピットでは、長島機長が懸命に西沢をなだめていましたが、遂に西沢が自分に操縦を代わるよう要求

長島機長はこの要求を受けても、さらに西沢をなだめるよう努めましたが、西沢は目的(自分が操縦する)を達成するには機長を殺害するしかないと決意し、11時54分、長島機長の右上胸部などを3回刺します。

そして、長島機長は意識不明に。

その後、西沢は自動操縦装置を解除し、実際に操縦行為を始めたものの上手くいかず、機体の高度を急降下させたり揺らすなど迷走飛行し、コックピット内では地上接近警報装置が鳴り始めます。(既に機体の高度は、地上300メートル以下になっていたとのこと。)

コックピットの前では古賀副操縦士や、次の乗務のため乗り合わせていた山内純二機長高木博成副操縦士が中の様子を伺っていましたが、危険を感じコックピット内へ突入。

副操縦席で操縦桿を握っていた西沢を引きずり下ろし、コックピットの外へ出します。

西沢が通路に倒れ込むと、乗客数名が駆け寄って拘束。

その間に、山内機長は機長席から永島機長を後方の床に移動させ、機長席に座って操縦を開始し、機体を急上昇させ体勢の立て直しに成功。(この時、機体の高度は約200メートルまで降下していたとのことです。)

また乗客の中の医師が、刺された永島機長を診察するも、出血ショックによる死亡が確認されました。

そして61便は、午後0時14分頃、羽田空港に着陸。

ハイジャックを起こした西沢裕司は、東京空港警察署の警察官によって逮捕されました。

(本項の情報参照元:wikipediamaroon.dti.ne.jp、2015放送「世紀の瞬間・未解決事件 4時間半SP」など)

西沢裕司(にしざわゆうじ)の経歴や人物像 ハイジャック犯人の実行までの経緯

続いては、西沢裕司の人物像や何故ハイジャックを実行できたのかについて、見ていきたいと思います。

西沢 裕司(にしざわ ゆうじ)

生年月日    1970(昭和45)年9月8日(28日とも?)生(48歳・2018年時点)

出身地     東京都江戸川区小岩

血液型     O型

学歴      私立武蔵中学・高校、一橋大学商学部

趣味      航空旅行、サイクリング

(参照:2015放送「世紀の瞬間・未解決事件 4時間半SP」など)

西沢裕司の少年時代は、全国有数の進学校に通い成績はトップクラス、近所でも真面目で評判だったと言います。

西沢について特集された過去のテレビ番組では、その人物像に触れた書籍や雑誌記事を基に、以下のように表現しています。

西沢の同級生によると、その少年時代の印象は、

性格はおとなしく、社交性はゼロ

自分から積極的に友達を作らないタイプで、ほとんど友達はいなかったし、遊ぶより勉強が好きと言うガリ勉タイプだった。

参照:2015放送「世紀の瞬間・未解決事件 4時間半SP」

そうです。

西沢は、少年時代から鉄道が好きだったそうですが、大学在学中に興味は飛行機へと移っていき、全国の様々な航路や機種に乗ったり、航空関係の書籍を読み漁るなどしていたそうです。

また大学時代の知人は、西沢について、

もともと鉄道や飛行機などの乗り物が大好きだったようで、ひとことで言えばオタク。

友人も少なく、フライトシミュレーションゲームにのめりこんでいて、将来はパイロットになりたかったようです。

参照:2015放送「世紀の瞬間・未解決事件 4時間半SP」

と語っていたようです。

当時は一般家庭にもパソコンが普及し始め、航空機の操縦をリアルに体感できるフライトシミュレーションゲームが流行し、航空機マニアの西沢もこれに没頭。

さらに大学2年の時には、羽田空港で荷物を積み込むアルバイトをしていたこともありました。

そして日本航空、全日空、日本エアシステムと、大手航空会社の入社試験を受けるも3社ともに不採用。

やむなく、23歳の時に鉄道関連会社(日本貨物鉄道株式会社)に就職。

しかし、パイロットの夢を引きずって仕事に意欲がわかず、2年半ほどで退職。(無断欠勤を起こし、そのまま失踪状態に。)

その後は都内の実家に戻ったものの、エリート人生で初めて挫折を味わい、自室に閉じこもりがちの生活になるなど、西沢は生きる気力を失っていったと言います。

また西沢は、27歳(1998年)の春頃から家族の勧めで複数の精神科クリニックを受診し、統合失調症や心因反応と診断され抗うつ剤であるSSRIやSNRIを大量に処方されていたと言います。

その後、西沢は服薬などの方法で自○未遂を繰り返したことから、同年秋には家族が警察署に相談し、警察署によって精神病院へ約2カ月間の措置入院がなされたとのことです。

一方で西沢は、航空に対する思いだけは強くなるばかりで、フライトシミュレーションゲームに没頭したり、航空工学書などを読み漁っていたと言います。

新しい職も見つけられず、しばらくは無職の日々で、現実逃避した生活を送っていたそうです。

そんな時、ふと羽田空港ターミナルビルの図面を見た西沢は、ハイジャックなどに対する警備の死角を発見し、機内に凶器を持ちこまれる危険性に気付いたそうです。

(簡単に言うと、羽田空港の1階の到着手荷物受取場と2階の出発ロビーの間にある職員用階段に警備員が配置されておらず、この階段を用いて凶器などを機内に持ち込めるというものです。)

そして西沢は、自分が発見した欠陥を羽田空港に伝えれば、知識が認められ夢だった航空業界への就職の道が開けるかも知れないと考えたそうです。

実際に6月13日、西沢は羽田空港へ行き状況を確認し、警備の欠陥を確信。

西沢はパソコンを使って、その欠陥を詳細に説明する文書を作成し、運輸省、東京航空事務所、日本空港ビルデング、主要航空会社3社、警視庁東京空港警察署、新聞各社へ、実名で手紙やメールを送付。

そこには、具体的な侵入方法やハイジャック防止策なども、詳細に記されていたと言います。

西沢は大学時代に、羽田空港での手荷物関係のアルバイトをしていたので、一階の到着手荷物受取所と二階の出発ロビーとが、簡単に行き来できることを知っていたそうです。

しかし、欠陥についての警告文を送付後、空港ビルの担当者や空港事務所総務課長からお礼の電話は受けたものの、自分を警備員に雇ってほしいという要望は断られたそうです。

さらに、西沢は7月19日にも、警備員増員の件で空港ビルと空港事務所に電話をしますが、この時も増員の予定はないと断られたそうです。

こうして西沢は、自分の提案が無視され、職に就けなかったことに憤り、実際に自らが羽田空港の警備の欠陥をついてハイジャックを成功させ、空港ビルと空港事務所の担当者の責任を追及させようと考えました。

そして7月23日、全日空61便のハイジャックを決行したのでした。

以上が、西沢裕司の少年期からハイジャックを起こすまでの、簡単な経歴となっています。

分りやすいように、もう一度、これらを時系列に並べると、

  • 中高校・大学時代は、有名校に通うほど勉強が出来るエリートだった。
  • 1994年春、日本貨物鉄道に就職。
  • 1996年秋、日本貨物鉄道を退社。
  • 以降、引きこもり状態に。
  • 1998年春頃から精神科クリニックを受診し、抗うつ剤などを服薬。
  • 1998年秋、自殺未遂のため2か月ほどの措置入院。
  • 1999年6月上旬頃、羽田空港の警備上の欠陥を発見。
  • 1999年7月23日、上記の欠陥を突いてハイジャックを実行。

といった感じとなります。

一体、どこで道を踏み外してしまったのでしょうね…。

もしも、空港側が西沢の改善案を実施していたらハイジャックは起きなかったのでしょうか?

しかし、自分の指摘や希望が通らなかっただけで、実際にハイジャックを起こすのはあまりにも身勝手な行動です。

西沢は事件を起こす1年ほど前から精神科に通っていたと言いますから、ハイジャックは精神的な疾患が理由で行われたのかも知れませんね。

次ページでは、西沢裕司の家族や現在の情報について見ていきたいと思います。