杉本宏之嫁との離婚歴は2回で、事故の過去も|元嫁は韓国人女優のオ・セジョン

杉本宏之嫁との離婚歴は2回で、事故の過去も|元嫁は韓国人女優のオ・セジョン

1月7日、スポニチによって報じられた、女優・深田恭子さんの新たな熱愛交際。

そのお相手であるとされたのは、不動産会社・シーラホールディングスの会長である杉本宏之(すぎもとひろゆき)さんでしたが、その後のマスコミ各社の報道によって、そのプライベートな部分に注目が集まっています。

深田恭子  杉本宏之 熱愛報道

一部の報道によると、杉本さんは2回の離婚歴があり、またお子さんもいらっしゃると言います。

この記事では、杉本宏之さんのプライベートな過去を中心に、深田さんとの交際の経緯や、関連キーワードとして浮かんでくる「事故」についても、探ってみたいと思います。

杉本宏之の離婚歴は2回だった 元嫁とは子供も居て、2人目の元嫁は韓国人女優のオ・セジョン【画像】

それではまずは初めに、深田恭子さんの新恋人とされる杉本宏之さんの離婚歴や子供などについて、見ていきたいと思います。

杉本さんには2度の離婚歴があり、最初の妻との間には子供も誕生していたと言われています。

この件について詳しく報じている、1月17日発売の「週刊文春」「女性セブン」の記事をまとめると、以下のようになります。

杉本さんの1度目の結婚は2005年のことで、お相手は年下の一般女性で女の子も生まれたそうです。(娘さんは、現在12歳になるとのこと。)

しかし、およそ3年後に、奥さんの方から離婚を申し出ます。(ちなみに杉本さんは、この方とは今もよく会っていて、娘さんの面倒も見ているそうです。)

この1人目の奥さんやお子さんについては、杉本さんがご自身の著書「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」の中で、以下のように記していたという情報が、ネット上には散見されます。

私が妻を怒鳴るのは、この夜だけのことではなかった。

私自身、まだまだ精神的に未熟だった。

妻の心配をシャットアウトして「仕事のことで俺に話しかけないでくれ」と拒絶することしかできなかったのは、今ではとても後悔している。

会社が坂道を転げ落ちるような苦しさに直面していた私にとって、離婚は少なからず衝撃的な出来事だった。

ことに、まだ2歳のかわいい盛りだった娘との別れは辛かった。

家庭という歯止めを失って、酒量もますます増えていった。

この離婚を堺に、私はさらなる奈落の底へと落ちていくことになる。

その後、杉本さんは2011年に再婚。

お相手は韓国人女優のオ・セジョンさんで、人気ドラマ「愛してよかった」に主演していた方でした。

オ・セジョン 杉本 宏之の元嫁

愛してよかった(画像引用:amazon.co.jp

オ・セジョンのプロフィール

オ・セジョン 杉本宏之の元妻

女優オ・セジョン

画像引用:wowkorea.jp

オ・セジョン

ングル表記   (오세정)

本名       キム・ヤンヒ

生年月日     1979年02月27日(39歳・2018年時点)

出身地      釜山広域市

身長       165㎝

職業       女優

出演作      「私の男の女」、「愛してよかった」、など多数。

参照:korea.yapy.jp

しかし、オ・セジョンさんが母国でビジネスをしたがったことが原因で、2年ほど前から別居状態に。

杉本さんはオ・セジョンさんと離婚協議を続け、2018年11月に離婚が成立したとのことです。

ちなみにネット上では、

杉本さんの元嫁はとても美人な韓国人で、以前は杉本さんのブログにも登場していたが、現在はそのページは削除されている。

といった情報が散見されますので、この情報が事実なら、ブログに登場していたのはオ・セジョンさんだった可能性が考えられそうです。

しかし、お二人は2年前から離婚協議中だったとのことですから、その影響でブログの該当ページも削除されたのかも知れませんね。

杉本さんと深田さんが出会ったのは、深田さんの誕生日(11月2日)の少し前だそうですが、同時に杉本さんには1年ほど交際していた恋人が居たそうで、北海道の女性と遠距離恋愛をされていたそうです。

また1月7日のスポニチでは、深田さんは2年間交際していたKAT‐TUNの亀梨和也さんとは、2018年10月頃に破局したとされていましたが、1月17日発売の「女性セブン」によると、深田さんの誕生日前日にも、深田さんと亀梨さんが知人たちと食事をするところを目撃したとのこと。

つまり、深田さんと杉本さんは出会った当初は、お互いに交際相手がおり、付き合うつもりではなかったそうですが、偶然に出会うことが何回か続き、仲が良くなっていったそうです。

そして、お二人が出会って1か月も経たない頃だったそうですが、お互いに交際中の相手とはケジメをつけてから付き合おうと言うことになったそうです。

(本項の情報参照元:「週刊文春」2019.1.24号、「女性セブン」2019.1.31号)

杉本宏之は深田恭子と交際開始時、三股だった? 週刊文春が元交際相手の証言、刺青の過去を掲載

また杉本宏之さんは、深田恭子さんと交際に発展する時、「三股」だったのでは?という記事が、1月17日発売の週刊文春に掲載されています。

さらに同誌の記事には、杉本さんの元交際相手の証言(正確には、A子さんの話を聞いた知人と、刺青を目撃したという2010年頃の交際相手の証言)や、杉本さんが「刺青」を入れている件などについても、記載されています。

週刊文春の記事のこれらの部分について、ざっとまとまると以下のようになります。

  • 2018年11月頃まで、杉本さんにはA子さんという愛人(文春表記)が居て、六本木ヒルズで半同棲していた。(A子さんの知人談)
  • 杉本さんは、深田さんと付き合うためにA子さんと別れたが、A子さんは知らされておらず、報道で初めて知った。(A子さんの知人談)
  • A子さんの母親も文春の取材に対し、「娘は確かに2018年11月頃まで、杉本さんと暮らしていました。実家にも帰っていたので、ずっと彼のところにいたわけではありませんが。」などと回答。
  • 2018年12月、杉本さんは知人たちに、2人目の妻のオ・セジョンさんとの離婚が成立した旨のメッセージを送信。
  • 杉本さんとセジョンさんを知る知人によると、結婚当初は仲睦まじい夫婦だったが、数年後にはセジョンさんが杉本さんの浮気を疑うようになった。
  • 杉本さんは自身のSNSにセジョンさんの写真をアップしていたが、深田さんと知り合った頃に全て削除。
  • 刺青に関しては、2010年頃に杉本さんと付き合っていた元交際相手が、背中に結構な大きさの刺青が入っているのを目撃。(杉本さんの元交際相手談)
  • ちなみに、杉本さんは高校時代は地元では知られた不良で、バイクチームのNo.2を務め、殴り合いなどのケンカは日常茶飯事だった。

こうした情報から週刊文春は、杉本さんが深田さんと交際を開始した頃、元妻や愛人との関係も被っていた、つまり3股だったのでは?と疑問を投げかけているようです。

そんな週刊文春に対し、杉本さんは自社の応接室で笑顔を浮かべながら取材に応じたそうで、以下が杉本さんの回答のまとめになります。

  • 2人目の元妻とは、2年間、別居していた。理由は、自分は子供が欲しかったが、相手は韓国に帰って女優業を再開したいと考えていたため
  • 離婚協議が済んで、サインをしたのは2018年11月初旬。
  • (深田さんとの交際は離婚協議後か問われ)自分の口からは申し上げられないが、裏切るようなことはしていない。
  • (六本木ヒルズでA子さんと住んでいたか問われ)住んではいないが、地方の方なので、東京に来ると1週間くらい泊まっていた。2018年10月末か11月初旬か、離婚が成立したあたりでお別れした。
  • 自分もA子さんも、結婚は全く考えていなかった。自分で言うのもなんだが、彼女は「幸せだった」と言ってくれた。自分は人を騙したり、恨みを買うようなことは絶対にしない。
  • (3股だったのでは?と問われ)仮定の話だが、本気で自分に好意を抱いてくれている女性がいたら、それだけは絶対にやってはいけないと思っている。
  • (タトゥーについては)昔のことで、あくまでファッションタトゥーだった。会社や将来の結婚相手のことを考えて、上場してから手術で消した。

ちなみに、同日発売の「女性セブン」(Web版)では、

  • 杉本さんは2人目の妻とは2年前から離婚協議中で、2018年11月に離婚が成立している。
  • 杉本さんは深田さんと出会った頃、1年ほど交際していた相手がいたが、深田さんと交際するにあたり別れた。

と報じられていました。

こうした情報を総合すると、「知人の証言」と杉本さんの説明が、やや噛み合わない部分はありますが、杉本さんが深田さんと交際を開始した時には、概ね他の2人との関係は清算していたと考えられそうですね。

さらに、杉本さんは2人目の奥さんとは2年前から別居状態で、互いの考えは平行線を辿っていたと言います。(杉本さんが知人に送ったメッセージでは、2018年夏から話し合いを続け、円満に離婚が成立したなどと書かれていた模様)

ということで、約1年間の交際の後、2018年11月に別れた女性との関係も、二股と言えるかは微妙な気がします。

ネット上には、杉本さんの経歴についてネガティブな情報もありますが、今回の「週刊文春」や「女性セブン」などの詳細な記事を読んでいると、やはり大きな会社を築き上げてきただけのことはある、優れた才能や能力のある方なのだろうなと感じます。

確かに、過去にはやんちゃな時期もあったようですし、恋愛歴や交友関係も派手なのかもしれませんが、別に悪いことをした訳でもなく、しっかり筋は通った方だと思いますので、その辺りに深田さんも惹かれたのかも知れませんね。

(本項の情報参照元:「週刊文春」2019.1.24号、「女性セブン」2019.1.31号)

杉本宏之は過去に交通事故に遭っていた 現在も後遺症が

さらに、杉本宏之さんについてネットで調べていると、「事故」という関連キーワードが浮上してきます。

この理由については、杉本さんは8歳(小学校2年生)の時に交通事故に遭われたそうで、生死の間をさまよって3ヶ月入院されたそうです。(参照:akipoli.com

さらに、左足の甲に深い傷を負い、1年間、苦しいリハビリをされたとのこと。

その時の怪我の影響で、現在も杉本さんの左足の指は動かないと言います。(参照:dreamgate.gr.jp

また、既に多くのメディアで報じられているのでご存知の方も多いでしょうが、杉本さんは父親が事業に失敗し、少年時代は貧しい暮らしを強いられ、また自身で起業後もリーマンショックの影響で倒産するなど、波乱万丈の人生を歩んでこられたようです。

こうした人並み外れた経験が、現在の杉本さんの力となっているのかも知れませんね。

杉本宏之(すぎもとひろゆき)のプロフィール

杉本 宏之  深田恭子の新彼氏

杉本 宏之(すぎもと ひろゆき)

生年月日     1977年6月25日(41歳・2018年時点)

出身地      神奈川県川崎市

身長       約180㎝(参照:スポニチ

職業       起業家

趣味       筋トレとワイン

特技       ラップ

こだわり     人とのご縁を大切にする

休日の過ごし方  ほーっとする

好きな食べ物   アンブレラのカレー

尊敬できる人   あえて挙げるなら見城徹

座右の銘     一流のインテリジェンスとは、一見相反する二つの考え方を一つの脳に同居させる事

<経歴>

  • 2001年12月 – 株式会社エスグラントコーポレーション設立。
  • 2005年12月 – 不動産業界で史上最短、史上最年少で上場(名証セントレックス)。
  • 2009年3月 – 民事再生法適用申請。
  • 2010年 - 株式会社SYホールディングス設立。

参照:wikipedia、kenja.tv、など

終わりに

人気女優・深田恭子さんの新恋人として注目を集めている、不動産会社「シーラホールディングス」会長・杉本宏之さんの離婚歴や過去の事故などについて、お伝えさせて頂きました。

そのプライベートな部分には賛否両論があるかも知れませんが、バツ2で子持ちという過去があっても、それを補って余りある、深田さんの心を掴む魅力があるのでしょう。

深田さん側は公式には交際を認めていませんが、ツーショット写真などもスクープされたことから、交際はほぼ事実だと思われます。

お互いに十分に大人ですし、周りがとやかう言う必要もないと思いますので、幸せな未来に向かって二人で歩んで行って頂きたいですね。

深田恭子は杉本宏之が彼氏と熱愛報道|亀梨和也とは破局?その理由とは
36歳になられた現在も、変わらぬ美貌と無邪気な笑顔で人気の女優・深田恭子(ふかだきょうこ)さん。画像引用:mdpr....