高岡早紀 モンスター画像や写真集アクシデントとは?幻の作品は見れない?

高岡早紀 モンスター画像や写真集アクシデントとは?幻の作品は見れない?

40代後半を迎えられても、その美貌とスタイルで根強い人気を誇る女優・高岡早紀(たかおかさき)さん

2019年も連ドラ・映画を中心に活躍中ですが、ネットで高岡さんを調べていると、何やら「モンスター画像」「写真集 アクシデント」といった関連ワードが浮上してきます。

果たして、これらのワードの意味とはどのようなものなのでしょうか?

この記事では、高岡早紀さんと上記ワードの関係性について調べてみたいと思います!

高岡早紀のモンスター画像とは? 幻の映画「モンスター」出演シーンか

それではまずは初めに、高岡早紀さんと「モンスター画像」の関係について見ていきたいと思います。

こちらについては、高岡さんは2013年に上映された「モンスター」という映画に出演しており、その画像に関することだと思われます。

この作品は、2010年に発売された百田尚樹さんの小説「モンスター」を映画化したもので、高岡さん演じる主人公の女性は、醜い容姿で幼い頃から周囲に蔑まれてきたものの、整形手術で完璧な美貌を手に入れ秘めた思いを遂げようとする…、といったあらすじだったようです。

(参照:movies.yahoo.co.jp

そんな映画「モンスター」ですが、高岡さんについては、整形前の主人公を演じるために2時間をかけ施された特殊メイクと、1994年公開の映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」以来約20年ぶりのフル○ードでの濡○場が、特に注目を集めていたようです。

ということで、高岡早紀さんのこれらの画像について調べてみました。

高岡早紀のモンスターでの整形画像

まずは、2時間をかけ特殊メイクされという高岡さん演じる整形前の主人公の画像からです。

確かにこれは、一般的に見ればなかなか厳しい容姿かも知れませんね…。

またロケ現場を訪れていた原作者の百田さんも、この高岡さんの姿を見て思わず2、3歩後ずさりしてしまい、高岡さん本人も自分の顔に落ちこんでしまったため、メイクを施した江川悦子さんが励まし続けるといった撮影状況だったそうです。

高岡早紀のモンスターでのヌーは見れない? しかしセ○シーボディは健在か

続きましては、気になる方も多いと思われる高岡早紀さんの映画「モンスター」でのヌー○姿についてですが、結論から申し上げますと、ネット上には恐らくその映像は存在しないものと思われます。

一応、↓のような予告映像はありましたが、実際の映画内の動画や映像は見当たりませんでした。

その理由としましては、この映画はDVD化やネット配信などが一切されていないからです。

もともと映画作成当時は、そうした映像化の計画もあったのでしょうが、映像の2次使用をめぐり、権利を持っていた芸能プロダクションとA○制作会社が泥沼の訴訟合戦を繰り広げてしまい、結局2019年10月現在までお蔵入りの状態が続いているようです。

(参照:excite.co.jp東スポ

スポーツ紙の報道によれば、その主な内容は以下の通りだそう。

~前略~

A○関係者の話。

「もともと2次使用権を持つB社のX社長が話を持ち込んだみたいです。ただ、高岡さんはこれまでにもヌー○になっているし、普通のものでは意味がない。するとX社長は○れ場シーンが激しいもので30~40分にはなると説明したらしく、A社はア○ルト○デオに近いものになると判断。1億4000万円で契約したんですよ」

~中略~

ところが、だ。途中で内容が過激になることもなく、セ○○スシーンの尺も短いことが発覚。A社は2回目以降の支払いを停止したという。

~後略~

引用:東スポ(伏字は当サイトで実施)

さらに、この芸能プロダクションと○V制作会社は、他の有名タレントの過激な映像の件も含めてトラブルとなっていたようです。

しかも実際のモンスターの○れ場の撮影は、裸に見えるボディースーツを着用して行われたそうです。

(参照:日刊スポーツ

ということで、今後は分かりませんが、2019年10月時点では高岡さんの出演した映画「モンスター」の映像は世の中に全く出回っていないということになりそうです。

一部のネットサイトでは、同映画の映像としてリンクを貼っている所もあるようですが、筆者が調べたところ、それは恐らく高岡さんが2005年に主演した映画「female」での濡れ○シーンだと思われます。

映画「female」の高岡早紀さんのベッ○シーン

ちなみに、こちらの作品の当該シーンも過激なもので、大事な部分こそ見えませんが言葉遣いや雰囲気などはかなりリアルなものだったようです。

動画なども、検索すれば見つかります。

さらに高岡さんは、映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」を初め、度々こうしたセク○ーなシーンを演じてこられたようです。

高岡早紀の近年のグラビア画像

高岡早紀さんと言えば、過去にヘアーな姿などを公開してきたことは多くの方がご存知だと思われますが、近年になられてからもセ○シーなグラビアを披露し話題となっていたようです。

その一部が、↓になります。

さらに刺激的なショットも多数存在するようですが、当サイトでの掲載は厳しいため、見たい方は以下のサイト様などを参照くださいませ。

高岡早紀のセ○シー画像サイト

高岡早紀のセ○シー画像サイト

確かに年齢を重ねられても、高岡さんの○クシーなボディは健在なようですし、若い方には出せない大人の魅力に溢れている気がしますね!

高岡早紀の写真集アクシデントとは?

また、高岡早紀さんで浮上してくる「写真集 アクシデント」という関連ワードについては、1999年に発売された高岡さんのヌー○写真集「Accidents Series 11」のことを指しているようです。

高岡さんはこの写真集が発売される前にも、1994年に映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」でヌー○を披露し、1995年にはヘ○ヌー○写真集「one,two,three」を発表していました。

上記2つの写真集は写真家・篠山紀信さんによって撮影されたものだそうですが、この「アクシデントシリーズ」には他にも樋口可南子さん、荻野目慶子さん、葉月里緒菜さん、宮沢りえさん、吉川ひなのさんなどの一流芸能人が登場し、話題を呼んでいたそうです。

参照:

【篠山紀信】樋口可南子から始まった一流芸能人ヌードの新編集「アクシデントシリーズ」を振り返る。
ミドルエッジ世代の度肝を抜いたヌード写真集やヘアヌード写真集のほとんどが「篠山紀信」先生の「アクシデントシリーズ」だった!全15冊出版されているシリーズを全て振り返ってみよう。「樋口可南子」「荻野目慶子」「葉月里緒菜」「宮本はるえ」「永井流奈」「宮沢りえ」「本木雅弘」「吉川ひなの」「大輝ゆう」「小板橋愛美」「高岡早紀」...

高岡さんのこうした画像に関しては、多くのサイト等で見ることが出来る状態ですが、ただでさえスタイル抜群な高岡さんの若かりし頃の姿ということもあってか、写真集の評価もかなり高いようです。

高岡早紀(たかおかさき)のプロフィール

高岡早紀さんの簡単なプロフィールです。

View this post on Instagram

こっそりひとりカウンターごはん。 早く誰か来ないかな〜 #博多 #魔界転生

高岡早紀さん(@saki_takaoka)がシェアした投稿 –


高岡 早紀(たかおか さき)

本名     高岡 佐紀子(たかおか さきこ)

生年月日   1972年12月3日(46歳・2018年時点)

出身地    神奈川県藤沢市

血液型    A型

身長     163㎝

職業     女優

活動期間   1988年~

配偶者    保阪尚希(1996年~2004年)

子供     長男、次男、長女

事務所    エアジン

参照:wikipedia

終わりに

ドラマや映画を中心に、現在も幅広く活躍中の高岡早紀さんについて、「モンスター画像」や「写真集 アクシデント」といった話題をご紹介させて頂きました。

その美貌とスタイルからか、過去のセク○ーな映像の需要が強い高岡さんですが、恋愛においても”魔性の女”と呼ばれるほど、多くの著名人達との交際が噂され、そうしたことも若さや美しさを保つ秘訣になっているのかも知れませんね。

今後もまだまだ、美しい姿を見せ続けてほしいなと思います!

【関連記事】

高岡早紀と山口馬木也に密会報道も不倫は無し 互いの家族や結婚歴は?
”魔性の女”と呼ばれ、多くの俳優や実業家たちと熱愛の噂が報じられてきた女優・高岡早紀(たかおかさき)さん。...

共有する

↓フォローして頂きますと、当サイトの最新情報がチェックできます!

関連コンテンツ アドセンス
関連記事